海底地震計記録で読み解く地震空白域の将来 -メキシコ・ゲレロ州沖合の地震空白域のスロー地震活動の発見-

海底地震計記録で読み解く地震空白域の将来 -メキシコ・ゲレロ州沖合の地震空白域のスロー地震活動の発見-

共同プレスリリース
井出 哲教授、篠原 雅尚教授

概要

国立大学法人京都大学防災研究所の伊藤喜宏准教授と理学研究科地球惑星科学専攻博士後期課程3年のプラターマルティネス ライムンド、東京大学大学院理学系研究科の井出哲教授、東京大学地震研究所の篠原雅尚教授らは、メキシコ国立自治大学、カリフォルニア大学バークレー校と共同で、メキシコ太平洋沿岸部に設置された海底地震計記録を解析しました。その結果、メキシコ太平洋沖で過去100年間に地震が発生していない領域(地震空白域)でゆっくりとプレート境界がずれ動くスロー地震が発生していることを初めて明らかにしました。

環太平洋地域のプレートの沈み込み帯では、大地震と同様にスロー地震が繰り返し発生しています。現在世界で報告されているスロー地震について、特に海底下で発生するスロー地震活動の理解は、海底観測網が整備されている地域に限られていました。我々は日本・メキシコによる国際共同研究(JST-JICA SATREP「メキシコ沿岸部の巨大地震・津波災害の軽減に向けた総合的研究」(日本側代表:伊藤喜宏))の一環として、メキシコ合衆国ゲレロ州の太平洋沖合の地震空白域の直上に海底地震観測網を構築しました。2017年11月から2018年11月にかけて得られた地震記録を解析した結果、過去100年間に大地震が発生していない地震空白域内でスロー地震の発生が確認されました。観測されたスロー地震活動は、地震空白域が周囲と比べてプレート間の固着が小さく、結果として空白域を震源とする大地震の活動が周囲と比べて低調であることを説明します。また、この領域で想定されていた巨大地震の発生リスクがこれまでよりも低い可能性を示します。

海底地震計記録で読み解く地震空白域の将来 -メキシコ・ゲレロ州沖合の地震空白域のスロー地震活動の発見-
図: 本研究で明らかにしたゲレロ地震空白域の浅部スロー地震域(テクトニック微動発生域)、サイレントゾーン(非地震発生域)、小地震・スロー地震域。サイレントゾーンはプレート間の固着が弱く、常にゆっくりとずれ動いている可能性が高い。また、サイレントゾーンは、プレート境界形状の凹部に対応する可能性が本研究から見出されている。今回の研究では、ゲレロ地震空白域に海溝から海岸線付近まで固着が弱い領域が広がる可能性を示した。

詳細については、以下をご参照ください。