小惑星リュウグウ試料分析開始にあたりオンライン記者会見・見学会のお知らせ -フォトンファクトリーおよびミュオン科学実験施設での初期分析-

image_print

共同プレスリリース
高橋 嘉夫(地球惑星科学専攻 教授)

概要

小惑星探査機はやぶさ2の小惑星リュウグウからのサンプル採取は「我々はどこから来たのか」を解明することを科学的な目標としています。太陽系の起源と進化、地球の海や生命の原材料物質を探るため、アプローチの異なる初期分析チーム6チームそれぞれが1年をかけて試料を分析します。

その一つ「石の物質分析チーム」は、東北大学 大学院理学研究科の中村智樹教授が率いる研究者90余名からなるチームで、試料に含まれる含水鉱物に着目しリュウグウの形成過程をモデル化することを目的としています。はやぶさ2プロジェクトでは「石」とは直径1 mm以上の大きさの粒を指します。

「石の物質分析チーム」は、その目的のために国内外においてさまざまな分析手法を用いますが、初期段階にKEK物質構造科学研究所の加速器から生み出される2種の量子ビーム(フォトンファクトリー(PF)の放射光と、大強度陽子加速器施設(J-PARC)物質・生命科学実験施設(MLF)のミュオン)を用い、世界が注目するリュウグウの物質分析を開始します。初期段階の分析のことを「上流の」分析と呼びますが、上流で量子ビームを用いる理由は、微量の試料を非破壊で分析でき、下流の分析に影響を与えないからです。希少な試料を有効に活用する知恵とも言えます。

中村教授の研究グループは、2010年に小惑星探査機はやぶさが持ち帰った小惑星イトカワの試料分析にも放射光を用いPF BL-3A極限条件下精密単結晶X線回折ステーションのX線回折および蛍光X線分析を活用しました。この間の量子ビームを用いた物質分析性能の向上はめざましく、今回の分析では、PF BL-3Aに加えてPF BL-19A軟X線顕微・分光実験ステーションの走査型透過X線顕微鏡(STXM)およびJ-PARC MLFのミュオン科学実験施設(MUSE) D2ミュオン基礎科学実験装置での負ミュオンを用いた元素分析が用いられます。

小惑星リュウグウ試料分析開始にあたりオンライン記者会見・見学会のお知らせ -フォトンファクトリーおよびミュオン科学実験施設での初期分析-
図:PF BL-3Aにて 東北大学 中村智樹教授

詳細については、以下をご参照ください。