太陽系の近くに低日射の小型系外惑星を発見

image_print

共同プレスリリース
木村 真博(地球惑星科学専攻 博士課程2年)
生駒 大洋(国立天文台 教授/前:地球惑星科学専攻 准教授)

概要

東京大学および自然科学研究機構アストロバイオロジーセンターの研究者を中心とする研究チームは、系外惑星探索衛星TESSと地上望遠鏡の連携により、太陽系の近傍(138光年先)に新たな系外惑星「TOI-2285b」を発見しました。

この惑星は地球の約1.7倍の大きさ(半径)をもち、また、地球が太陽から受ける日射量の約1.5倍という、これまでに発見された系外惑星の大半より弱い日射を主星から受けています。惑星は地球よりやや高温の環境をもつと考えられますが、もし仮に惑星が内部にH2Oの層をもち、かつ水素を主体とする大気をもっていれば、惑星の表面に液体の水が存在する可能性もあります。

主星が明るく詳細な追観測が可能なため、今後惑星の質量や大気組成を調べることで、惑星の内部組成についてより詳細な情報を得ることができると期待されます。

太陽系の近くに低日射の小型系外惑星を発見
図:水素大気と海をもつ系外惑星を想像して描いたイラスト(クレジット:ササオカミホ/SASAMI-GEO-SCIENCE, inc.)。

詳細については、以下をご参照ください。