セミナー

image_print

地球惑星科学ランチセミナー

対象
地球惑星環境学科・地球惑星物理学科の学部生
地球惑星科学専攻の大学院生
教員、研究員、技術・事務職員

目的
学部生の卒論研究室/特別演習担当教員決定のための情報提供
大学院進学促進のための情報提供
専攻内の各研究グループの情報交換、将来的分野融合

場所・日程
理学部1号館710室 金曜日の昼休み
12:20~12:45

2019年度の開催予定

  • 5月10日 三河内 岳「地球外試料を集める」
  • 5月24日 河原 創「どこにでもいるような普通の系外惑星をさがす」
  • 6月07日 飯塚 毅「斜長石から読むマグマ中の水の挙動と爆発的噴火の機構」
  • 6月21日 高橋 嘉夫「日本におけるレアアースイオン吸着型鉱床の発見と展望」
  • 7月05日 佐藤 薫「北極成層圏突然昇温に始まる大気の南北両半球結合」
  • 9月27日 高橋 聡「コノドントの見た夢」
  • 10月18日 升本 則夫「インド洋の湧昇学」
  • 11月1日 諸田 智克「はやぶさ2で何がわかったか?」
  • 11月29日 後藤 和久「過去に学ぶ近未来の津波リスク」
  • 12月20日 永冶 方敬「腐った岩石―蛇紋岩―の美味しい岩石構造学・構造地震学的調理法」

2021年度 地球惑星科学専攻大学院セミナー

2021年度地球惑星科学専攻大学院セミナー一覧

※セミナーは対面またはオンラインで実施します。実施方法等詳細は各主催教員に確認ください。

【論文講読セミナー】

シミュレーション火山学講読セミナー

(毎週月曜日 13時30分~15時30分 地震研2号館407)
規模: 10人(研究グループ内)
主催教員: 小屋口剛博・鈴木雄治郎
予定開講日: 4月13日
連絡先: 小屋口剛博(地震研2号館420号室、内線22499)
内容: 火山現象のモデリング研究に必要な基礎知識及び数値計算法・データ解析手法等の習得を目的として、教科書や論文の講読を行う。

地震波セミナー

(毎週月曜日 10時00分 ~12時00分 地震研究所1号館3階・事務会議室B)
規模: 10~15人(複数研究グループ)
主催教員: 加藤愛太郎・古村孝志・竹尾明子・悪原岳・武村俊介・篠原雅尚
予定開講日: 4月19日
連絡先: 加藤愛太郎(地震研究所1-609号室,内線28252, akato at eri.u-tokyo.ac.jp)
内容: 震源・地震活動・地震波動伝播に関連する論文等の輪講を行う.震源・地震活動・地震波動伝播に関連する論文等の輪講を行う.

構造岩石学

(毎週月曜日 13時00分 ~15時00分 理学部 1号館101号室)
規模: 10名
主催教員: ウォリス サイモン, 永冶方敬
予定開講日: 4月19日
連絡先: 理学部1号館748号室、内線24510
内容: 学生は構造岩石学分野の教科書の一部や研究論文の内容を紹介することによって、分野に対する俯瞰力を高める。学生は構造岩石学分野の教科書の一部や研究論文の内容を紹介することによって、分野に対する俯瞰力を高める。

駒場固体地球セミナー

(毎週月曜日 15時00分 ~17時00分 駒場16号館802号室)
規模: 10人(研究グループ内)
主催教員: 小河正基・小宮剛
予定開講日: 4月5日
連絡先: 小河正基(駒場16号館801B, 46612)
     小宮剛(駒場16号館826B, 46609)
内容: 系外惑星、大陸成長、年代学、マントル対流や熱史と地球物質循環などの論文や著書の紹介と議論による固体地球進化の基礎的な理解系外惑星、大陸成長、年代学、マントル対流や熱史と地球物質循環などの論文や著書の紹介と議論による固体地球進化の基礎的な理解

地震発生論セミナー

(毎週月曜日 17時00分 ~18時30分 理学部 1号館851号室)
規模: 10~15人
主催教員: 井出哲、中谷正生、亀伸樹、安藤亮輔、田中愛幸
予定開講日: 4月5日
連絡先: 安藤亮輔(理学部1号館,716号室,内線28329)
内容: テクトニック応力の蓄積から準静的な破壊核の形成を経て動的破壊の開始・伝播・停止に至る地震発生の全過程を、岩石実験、データ解析、モデル計算等の様々なアプローチを通じて理解する。 テクトニック応力の蓄積から準静的な破壊核の形成を経て動的破壊の開始・伝播・停止に至る地震発生の全過程を、岩石実験、データ解析、モデル計算等の様々なアプローチを通じて理解する。

大気大循環論文講読セミナー

(毎週火曜日 10時30分 ~12時00分 先端研3号館411号室)
規模: 10〜15人(研究グループ内)
主催教員: 小坂 優・中村 尚
予定開講日: 4月6日
連絡先: 小坂 優 (先端研3号館409号室, 内線55144)
内容: 大気大循環・気候力学に関する基礎的な教科書や論文の輪講大気大循環・気候力学に関する基礎的な教科書や論文の輪講

海洋力学セミナー

(毎週火曜日 10時30分 ~12時30分 理学部1号館843号室)
規模: 約10名(研究グループ内)
主催教員: 日比谷紀之
予定開講日: 4月6日
連絡先: 日比谷紀之(理学部1号館814号室, 内線24303, Email: hibiya@eps.s.u-tokyo.ac.jp)
内容: 海洋中の波動や乱流、大循環など、海洋力学に関する小規模から大規模までの様々なテーマを対象として、学生や教員により紹介された最新の研究成果について議論や意見交換を行う。海洋中の波動や乱流、大循環など、海洋力学に関する小規模から大規模までの様々なテーマを対象として、学生や教員により紹介された最新の研究成果について議論や意見交換を行う。

マグマ学論文講読セミナー

(毎週火曜日 13時00分 ~14時30分 地震研究所2号舘B15)
規模: 数人(研究グループ内)
主催教員: 安田 敦
予定開講日: 4月13日
連絡先: 安田 敦(地震研2-412, 内線25750)
内容: 火山噴出物の解析に関連する論文の講読.火山噴出物の解析に関連する論文の講読.

テクトニクスセミナー

(毎週火曜日 13時30分 ~15時00分 地震研究所内)
規模: 研究グループ内(誰でも参加可)
主催教員: 石山達也
予定開講日: 4月13日
連絡先: 石山達也(地震研1号館407号室,内線:25708、ishiyama@eri.u-tokyo.ac.jp)
内容: テクトニクス・地質・変動地形についての重要な論文等のレビュー、研究発表を行う。テクトニクス・地質・変動地形についての重要な論文等のレビュー、研究発表を行う。

駒場表層環境セミナー

(毎週火曜日 15時00分 ~17時00分 駒場16号館802号室)
規模: 10人(研究グループ内)
主催教員: 小宮剛
予定開講日: 4月6日
連絡先: 小宮剛(駒場16号館826B, 46609)
内容: 生命進化、化石化、生物地球化学や地球表層環境進化などの論文や著書の紹介と議論による地球表層と生物進化の基礎的な理解生命進化、化石化、生物地球化学や地球表層環境進化などの論文や著書の紹介と議論による地球表層と生物進化の基礎的な理解

隕石科学セミナー

(毎週火曜日 15時00分 ~16時00分 総合研究博物館総合研究博物館本館205号室)
規模: 5~6人(研究グループ内)
主催教員: 三河内 岳
予定開講日: 4月13日
連絡先: 三河内 岳(総合研究博物館218号室、 内線22830)
内容: 惑星物質科学の研究分野で、特に隕石や月試料、小惑星・彗星サンプルリターン試料等に関する論文購読を行い、研究の進め方や発表の仕方を修得する。惑星物質科学の研究分野で、特に隕石や月試料、小惑星・彗星サンプルリターン試料等に関する論文購読を行い、研究の進め方や発表の仕方を修得する。

太陽・天体プラズマセミナー

(毎週火曜日 15時00分 ~17時00分 理学部1号館831号室/オンライン)
規模: 研究グループ内
主催教員: 横山央明
予定開講日: 4月6日
連絡先: yokoyama.t@eps
内容: 太陽プラズマ・天体プラズマ物理分野における研究報告太陽プラズマ・天体プラズマ物理分野における研究報告

海洋底科学論文購読セミナーII:地球環境

(毎週火曜日 16時00分 ~18時00分 大気海洋研究所総合研究棟2Fセミナー室)
規模: 20人(複数研究グループ)
主催教員: 横山祐典、黒田潤一郎, 松崎賢史
予定開講日: 4月13日
連絡先: 黒田(内線66120, kuroda@aori.u-tokyo.ac.jp)
内容: 海洋底科学を学ぶ修士、博士課程の学生による地球環境分野の論文購読セミ ナー。各自の研究テーマに対するより深い理解を目的とし、関連論文の 紹介を主に行う。セミナーのウェブページを参照のこと。http://ofgs.aori.u-tokyo.ac.jp/seminar.html海洋底科学を学ぶ修士、博士課程の学生による地球環境分野の論文購読セミ ナー。各自の研究テーマに対するより深い理解を目的とし、関連論文の 紹介を主に行う。セミナーのウェブページを参照のこと。http://ofgs.aori.u-tokyo.ac.jp/seminar.html

惑星大気・電磁気圏セミナー

(毎週火曜日 16時45分 ~18時30分 オンライン+理学部1号館105号室)
規模: 25名程度
主催教員: 関華奈子
予定開講日: 4月13日
連絡先: 理学部1号館833号室, 内線24577
内容: 惑星大気・電磁気圏および関連する宇宙プラズマ現象等に関する様々なテーマの論文紹介と関連する個人の研究進捗、その内容に関する議論や意見交換を行う。惑星大気・電磁気圏および関連する宇宙プラズマ現象等に関する様々なテーマの論文紹介と関連する個人の研究進捗、その内容に関する議論や意見交換を行う。

STPセミナー

(毎週火曜(出席者の都合に応じて変更アリ) 時間未定 ISAS A棟5階会議室)
規模: 研究グループ内
主催教員: 藤本 正樹
予定開講日: 未定
連絡先: 050 3362 5063
fujimoto [AT] stp.isas.jaxa.jp
内容: 太陽・惑星系物理の研究成果に関して、議論を展開する。太陽・惑星系物理の研究成果に関して、議論を展開する。

環境地球化学論文購読セミナー

(毎週水曜日 9時00分 ~11時00分 理学部 1号館337B号室)
規模: 5-10人(研究グループ内あるいは複数研究グループ内)
主催教員: 高橋嘉夫、板井啓明
予定開講日: 4月7日
連絡先: ytakaha@eps.s.u-tokyo.ac.jp、itai@eps.s.u-tokyo.ac.jp
内容: 表層環境地球化学に関連した論文や教科書の講読。表層環境地球化学に関連した論文や教科書の講読。

海洋地球化学論文購読セミナー

(毎週水曜日 9時15分 ~10時15分 大気海洋研究所2F講義室)
規模: 10〜15人(複数研究グループ)
主催教員: 白井厚太朗
予定開講日: 4月14日
連絡先: 白井厚太朗(大気海洋研究所314号室、内線66403)
内容: 海洋化学や地球化学に関連する最新の論文を紹介し、理解を深める.海洋化学や地球化学に関連する最新の論文を紹介し、理解を深める.

気候変動基礎セミナー

(毎週水曜日 10時00分 ~12時00分 理学部1号館851号室)
規模: 約10人(研究グループ内)
主催教員: 東塚知己
予定開講日: 4月7日
連絡先: 東塚知己(理学部1号館 813号室、内線24288)
内容: 海洋力学・気候力学に関する教科書または論文を講読し、基礎的な理解を深める。海洋力学・気候力学に関する教科書または論文を講読し、基礎的な理解を深める。

海洋気候力学基礎セミナー

(毎週水曜日 10時30分 ~12時00分 理学部 1号館816号室)
規模: 5~8人(研究グループ内)
主催教員: 升本 順夫
予定開講日: 4月7日
連絡先: 升本順夫 (理学部1号館 815号室、内線24297)
内容: 気候力学や地球流体力学に関わる教科書を読みつつ、関連する論文等の講読を通じて、気候・海洋力学の基礎的な理解を深める気候力学や地球流体力学に関わる教科書を読みつつ、関連する論文等の講読を通じて、気候・海洋力学の基礎的な理解を深める

大気物理学セミナー

(毎週水曜日 10時30分 ~12時00分 理学部 1号館843号室)
規模: 5名(研究グループ内)
主催教員: 佐藤薫、高麗正史
予定開講日: 4月7日連絡先: 佐藤薫(理学部1号館847号室、内線24668)
内容: 論文紹介を通じ、最新の動向を含む大気物理学研究の理解を深める。論文紹介を通じ、最新の動向を含む大気物理学研究の理解を深める。

堆積・災害セミナー

(毎週水曜日 12時30分 ~14時00分 理学部 1号館532号室)
規模: 5人(研究グループ内)
主催教員: 後藤和久
予定開講日: 4月7日
連絡先: 後藤和久(理学部1号館544号室,内線24563)
内容: 堆積学や災害研究に関する最新の論文をレビューする堆積学や災害研究に関する最新の論文をレビューする

惑星地質学セミナー

(毎週水曜日 13時30分 ~15時30分 工学部3号館またはTeNQ未定)
規模: 研究グループ内
主催教員: 宮本 英昭
予定開講日: 未定
連絡先: 内線27027
内容: 学生や教員が、各自の研究に直接関係する論文で、特に惑星地質学的な側面に重点を置いたものを紹介し、それを元に議論を深める。学生や教員が、各自の研究に直接関係する論文で、特に惑星地質学的な側面に重点を置いたものを紹介し、それを元に議論を深める。

地球内部電磁気学論文セミナー

(毎週水曜日 13時30分 ~15時30分 地震研究所)
規模: 6-10人(複数研究グループ)
主催教員: 上嶋誠、清水久芳、馬場聖至、小河勉、小山崇夫、臼井嘉哉
予定開講日: 4月14日
連絡先: 清水久芳(地震研 1-704, 内線25748)
内容: 地球内部電磁気学とその手法に関連した重要な論文を講読し議論する。地球内部電磁気学とその手法に関連した重要な論文を講読し議論する。

地理情報科学セミナーⅠ

(毎週水曜日 14時00分 ~15時30分 柏・総合研究棟470)
規模: 15人(研究グループ内)
主催教員: 小口 高・飯塚浩太郎
予定開講日: 4月14日
連絡先: 内線64301
内容: GISとリモートセンシングの地理学的応用に関する論文紹介.GISとリモートセンシングの地理学的応用に関する論文紹介.

惑星大気プラズマセミナー

(毎週水曜日 15時00分 ~15時00分 柏キャンパス新領域基盤棟複雑理工学セミナー室1,2)
規模: 20~25人(研究グループ内)
主催教員: 今村剛, 吉川一朗, 吉岡和夫
予定開講日: 4月7日
連絡先: 吉岡和夫(新領域基盤棟 4H5号室、内線63411)
内容: 最近の惑星大気、プラズマに関する論文を担当者が紹介し、参加者全員で議論する。最近の惑星大気、プラズマに関する論文を担当者が紹介し、参加者全員で議論する。

気象学・気候学基礎セミナー

(毎週水曜日 15時00分 ~17時00分 柏総合研究棟(大気海洋研究所気候システム研究系)270号室)
規模: 10-15人(複数研究グループ)
主催教員: 横山千恵、岡 顕
予定開講日: 4月14日
連絡先: 横山千恵(chie @aori. u-tokyo. ac. jp)
内容: 気象学・気候学について、その基礎となる教科書を一冊輪読する。読む教科書は「An Introduction to Dynamic Meteorology 5th edition, Holton and Hakim」を予定。開催日時は参加者と調整のうえ変更することもある。気象学・気候学について、その基礎となる教科書を一冊輪読する。読む教科書は「An Introduction to Dynamic Meteorology 5th edition, Holton and Hakim」を予定。開催日時は参加者と調整のうえ変更することもある。

火山物理セミナー

(毎週水曜日 15時00分 ~17時00分 オンライン+地震研2号館510号室)
規模: 10~15名
主催教員: 市原美恵、前野深、大湊隆雄
予定開講日: 未定
連絡先: 地震研2号館503号室、内線21049
内容: 学生自身による研究成果の発表や関連する論文の紹介を行う.また,基礎的な教科書を購読する.多様な専門分野の学生と教員からなるメンバーで,議論を行い,理解を深め知識を広げる.学生自身による研究成果の発表や関連する論文の紹介を行う.また,基礎的な教科書を購読する.多様な専門分野の学生と教員からなるメンバーで,議論を行い,理解を深め知識を広げる.

生命圏物質科学

(毎週水曜日 17時30分 ~18時30分 理学部 1号館337B号)
規模: 複数研究グループ、25人
主催教員: 小暮 敏博、鈴木 庸平、高橋 嘉夫、板井啓明、奥村大河
予定開講日: 4月7日
連絡先: 小暮敏博(理学部1号館,540号室、内線 24546)、鈴木庸平(理学部1号館,535号室、内線 24544), 高橋嘉夫(理学部1号館,542号室、内線 24517), 板井啓明(理学部1号館,541号室、内線 24553)
内容: 生命圏あるいは地球表層に特徴的な物質の特徴やその形成機構、大気・水・微生物との反応過程、物質循環や人間社会への影響などに関する論文の輪読生命圏あるいは地球表層に特徴的な物質の特徴やその形成機構、大気・水・微生物との反応過程、物質循環や人間社会への影響などに関する論文の輪読

地球惑星深部科学論文購読セミナー

(毎週木曜日 10時00分 ~12時30分 理学部1号館851号室)
規模: 12人(研究グループ内)
主催教員: 廣瀬敬
予定開講日: 4月8日
連絡先: 廣瀬敬(理学部1号館746号室)
内容: 地球や惑星の形成・進化・深部の状態に関する論文購読地球や惑星の形成・進化・深部の状態に関する論文購読

海洋物理学・気候力学セミナー

(毎週木曜日 10時00分 ~12時00分 大気海洋研217号室またはオンライン)
規模: 10-30名(複数研究グループ)
主催教員: 安田一郎・岡 顕
予定開講日: 4月15日
連絡先: 佐々木雄亮(大気海洋研)
内容: 学生自身による研究成果の発表や関連する論文の紹介を通じて海洋物理学・気候力学の理解を深めると共に、研究の進め方や発表の仕方を修得させる。学生自身による研究成果の発表や関連する論文の紹介を通じて海洋物理学・気候力学の理解を深めると共に、研究の進め方や発表の仕方を修得させる。

進化セミナー

(毎週木曜日 10時30分 ~12時00分 理学部1号館337B室/オンライン)
規模: 20人(複数研究グループ)
主催教員: 遠藤一佳、佐々木猛智、平沢達矢
予定開講日: 4月8日
連絡先: 遠藤一佳(理学部1号館531号室、内線22534)
内容: 進化古生物学・進化生物学の論文紹介と議論進化古生物学・進化生物学の論文紹介と議論

宇宙惑星プラズマセミナー

(毎週木曜日 10時30分 ~12時30分 理学部1号館101号室またはオンライン)
規模: 20人(研究グループ内)
主催教員: 星野真弘、天野孝伸、桂華邦裕、大平 豊
予定開講日: 4月8日
連絡先: 天野孝伸(理学部1号館 803号室、内線21921)
内容: 論文の紹介や各自の研究成果の発表、議論を通して宇宙惑星プラズマ物理に関する重要な概念や方法論の理解を深める。論文の紹介や各自の研究成果の発表、議論を通して宇宙惑星プラズマ物理に関する重要な概念や方法論の理解を深める。

大気科学セミナー

(毎週木曜日 10時30分 ~12時00分 理学部 1号館843号室)
規模: 10人 (研究グループ内)
主催教員: 三浦裕亮
予定開講日: 4月8日
連絡先: 三浦裕亮(理学部1号館846号室、内線24664、h_miura@eps.s.u-tokyo.ac.jp)
内容: 大気科学に関する教科書の輪講により、気象学・気候学の理解を深める。大気科学に関する教科書の輪講により、気象学・気候学の理解を深める。

大気物理学ゼミナール

(毎週木曜日 10時30分 ~12時00分 理学部 1号館807号室)
規模: 5名(研究グループ内)
主催教員: 佐藤薫、高麗正史
予定開講日: 4月8日
連絡先: 佐藤薫(理学部1号館847号室、内線24668)
内容: 大気物理学に関する教科書の輪読により、研究に必要な基本概念の理解を深める。大気物理学に関する教科書の輪読により、研究に必要な基本概念の理解を深める。

海洋大気力学セミナー

(毎週木曜日 15時00分 ~15時00分 大気海洋研究所616号室)
規模: 10~15人(研究グループ内)
主催教員: 佐藤正樹, 伊賀啓太
予定開講日: 未定
連絡先: 伊賀啓太(大気海洋研究所612号室 内線 66052 iga@aori.u-tokyo.ac.jp)
内容: 大気・海洋の諸現象の力学に関する研究成果の発表とそれに対する様々な質問・討論を通じて研究目的を明確化し、課題設定の仕方、研究の進め方、成果のまとめ方、発表の仕方等を学ぶ。 (受講者と相談して変更の場合もあります)大気・海洋の諸現象の力学に関する研究成果の発表とそれに対する様々な質問・討論を通じて研究目的を明確化し、課題設定の仕方、研究の進め方、成果のまとめ方、発表の仕方等を学ぶ。 (受講者と相談して変更の場合もあります)

惑星分化セミナー

(毎週木曜日 15時00分 ~17時00分 オンライン+理学部1号館843号室)
規模: 10名程度
主催教員: 飯塚 毅
予定開講日: 4月15日
連絡先: 理学部1号館743号室, 内線24282
内容: 惑星分化に関する教科書や論文の輪読を行う.惑星分化に関する教科書や論文の輪読を行う.

地球環境論文購読

(毎週木曜日 16時00分 ~17時00分 理学部 1号館Sセメ851、Aセメ739号室/オンライン)
規模: 25人
主催教員: 茅根創、田近英一、池田昌之、茂木信宏、高橋聡
予定開講日: 4月8日
連絡先: 高橋聡(理学部1号館852号室,内線24538)
内容: 地球環境や物質循環に関する最新の論文をレヴューする(対象は大学院学生)地球環境や物質循環に関する最新の論文をレヴューする(対象は大学院学生)

海洋底科学論文購読セミナーI : 地質・地球物理

(毎週金曜日 10時00分 ~12時00分 大気海洋研究所総合研究棟7Fセミナー室)
規模: 20人(複数研究グループ)
主催教員: 沖野郷子、芦寿一郎、朴進午、山口飛鳥、 秋澤紀克
予定開講日: 4月16日
連絡先: 沖野(内線66131, okino@aori.u-tokyo.ac.jp)
内容: 海洋底科学を学ぶ修士、博士課程の学生による地質・地球物理学分野の論文購読セミ ナー。各自の研究テーマに対するより深い理解を目的とし、関連論文の 紹介を主に行う。セミナーのウェブページを参照のこと。http://ofgs.aori.u-tokyo.ac.jp/seminar.html海洋底科学を学ぶ修士、博士課程の学生による地質・地球物理学分野の論文購読セミ ナー。各自の研究テーマに対するより深い理解を目的とし、関連論文の 紹介を主に行う。セミナーのウェブページを参照のこと。http://ofgs.aori.u-tokyo.ac.jp/seminar.html

1/fセミナー

(毎週金曜日 10時30分 ~12時00分 地震研究所1号館706号室)
規模: 研究グループ内
主催教員: 竹内希
予定開講日: 4月9日
連絡先: 竹内希(地震研究所1号館706号室,内線28497)
内容: 英語科学論文講読法を学ぶ。英語科学論文講読法を学ぶ。

比較惑星学 論文購読セミナー

(毎週金曜日 10時30分 ~12時00分 理学部 1号館807号室)
規模: 15人(研究グループ内)
主催教員: 杉田,諸田, 笠原, 長
予定開講日: 4月9日
連絡先: 長 (理学部一号館, 839, ext:24677)
内容: 惑星の形成・進化に関係する論文の紹介を通じて、理解を深めると共に発表の手法を修得する。惑星の形成・進化に関係する論文の紹介を通じて、理解を深めると共に発表の手法を修得する。

地球惑星内部進化セミナー

(毎週金曜日 10時30分 ~12時00分 理学部 1号館337B号室)
規模: 10〜15人(複数研究グループ)
主催教員: 河合研志、桜庭中、佐藤雅彦
予定開講日: 4月9日
連絡先: 佐藤雅彦(m.sato@eps.s.u-tokyo.ac.jp)
内容: 学生自身による論文の紹介を通じて地球内部物理学の理解を深めると共に、研究の進め方や発表の仕方を修得する。学生自身による論文の紹介を通じて地球内部物理学の理解を深めると共に、研究の進め方や発表の仕方を修得する。

宇宙化学・宇宙鉱物学論文講読セミナー

(毎週金曜日 10時30分 ~12時00分 理学部 1号館851号室またはオンライン)
規模: 10人程度(複数研究グループ)
主催教員: 橘省吾・瀧川晶
予定開講日: 4月9日
連絡先: 橘省吾(tachi@eps.s.u-tokyo.ac.jp),瀧川晶(takigawa@eps.s.u-tokyo.ac.jp)
内容: 宇宙化学・宇宙鉱物学の基礎となる教科書の輪読や関連論文のレビュー宇宙化学・宇宙鉱物学の基礎となる教科書の輪読や関連論文のレビュー

地殻化学論文講読セミナー

(毎週金曜日 14時00分 ~16時00分 理学部4号館ほか7階1723号室予定)
規模: 10名程度(研究グループ内)
主催教員: 鍵裕之、平田岳史、森俊哉
予定開講日: 4月9日
連絡先: 森俊哉 (化学東館0104号室、内線24649, mori@eqchem.s.u-tokyo.ac.jp)
内容: 固体地球化学・地震化学・火山化学・惑星化学など地球化学のいろいろな分野の論文紹介、または、教科書の輪講をおこない、地球化学・宇宙化学の基礎的な理解を得る。固体地球化学・地震化学・火山化学・惑星化学など地球化学のいろいろな分野の論文紹介、または、教科書の輪講をおこない、地球化学・宇宙化学の基礎的な理解を得る。

気候物質科学輪講セミナー

(毎週金曜日 14時30分 ~16時00分 理学部 1号館843号室)
規模: 4-6 人 (複数研究グループ)
主催教員: 小池真、茂木信宏
予定開講日: 4月16日
連絡先: 小池真(理学部1号館845号室、内線 24595、koike@eps.s.u-tokyo.ac.jp)
内容: 地球惑星の気候や環境を支配する物質とその物理・化学過程や研究手法の基礎を学習するために、教科書の輪講を行う。地球惑星の気候や環境を支配する物質とその物理・化学過程や研究手法の基礎を学習するために、教科書の輪講を行う。

地球・惑星微生物セミナー

(毎週金曜日 16時00分 ~17時00分 理学部 1号館101号室)
規模: 10人(研究グループ内)
主催教員: 鈴木庸平
予定開講日: 4月16日
連絡先: 鈴木庸平(理学部1号館535室、内線24544)
内容: 地球微生物学、アストロバイオロジー、等に関する論文を講読する。地球微生物学、アストロバイオロジー、等に関する論文を講読する。

Qセミナー

(曜日未定 10時00分 ~12時00分 地震研)
規模: 研究グループ内
主催教員: 武井康子
予定開講日: 未定
連絡先: 武井康子(地震研、内線25770、ytakei@eri.u-tokyo.ac.jp)
内容: 岩石物性(弾性、非弾性、地震波の減衰・分散)と地震波構造をテーマに系統的に文献を読む。岩石物性(弾性、非弾性、地震波の減衰・分散)と地震波構造をテーマに系統的に文献を読む。

初級セミナー

(曜日・時間未定 ISAS A棟5階会議室)
規模: 研究グループ内
主催教員: 臼井 寛裕
予定開講日: 未定
連絡先: usui.tomohiro [AT] isas.jaxa.jp
内容: 固体惑星科学に関わる初学者向け洋書の輪講固体惑星科学に関わる初学者向け洋書の輪講

Blue Earth Geophysics seminar

(曜日・時間未定 Earthquake Research Institute)
規模: ~10  (any students in EPS)
主催教員: 望月公廣,青木陽介
予定開講日: 未定
連絡先: 望月公廣(地震研究所1号館506,内線25715)
内容: Advanced discussion on various topics of seismology. The seminar will be given totally in English. Basic knowledge of seismology is assumed. The frequency of seminar depends on the number of participants. Advanced discussion on various topics of seismology. The seminar will be given totally in English. Basic knowledge of seismology is assumed. The frequency of seminar depends on the number of participants.

地物基礎輪講セミナー

(曜日・時間未定 地震研2号館第一輪講室)
規模: 10~15人(複数研究グループ)
主催教員: 平賀岳彦、西田究、竹内希
予定開講日: 未定
連絡先: 平賀岳彦(地震研2号館、413号室、内戦2-5735)
内容: ”Geodynamics”等の英語の教科書を徹底的に読み込む.”Geodynamics”等の英語の教科書を徹底的に読み込む.

【コロキュウム】

高圧地球科学セミナー

(毎週月曜日 10時00分 ~12時30分 理学部1号館843号室)
規模: 12人(研究グループ内)
主催教員: 廣瀬敬
予定開講日: 4月12日
連絡先: 廣瀬敬(理学部1号館746号室)
内容: 高圧下における物質のふるまいに関して、実験と理論を用いた研究発表とレビュー高圧下における物質のふるまいに関して、実験と理論を用いた研究発表とレビュー

惑星セミナー

(隔週月曜日 10時00分 ~12時00分 理学部 1号館337B号室)
規模: 25-30人(複数研究グループ)
主催教員: 杉田精司、橘省吾、笠原慧、諸田智克、瀧川晶、吉岡和夫、河原創、長勇一郎
予定開講日: 4月5日
連絡先: 橘省吾 (tachi@eps.s.u-tokyo.ac.jp)
内容: 地球惑星科学の諸分野についての発表および議論を行う。基本的には参加者各自の研究内容についての発表を中心とする。単なる実験結果・計算結果の紹介にとどまらず、研究の背景、関連する研究のレビュー、実験手法の検討、データの吟味等もおこなう。地球惑星科学の諸分野についての発表および議論を行う。基本的には参加者各自の研究内容についての発表を中心とする。単なる実験結果・計算結果の紹介にとどまらず、研究の背景、関連する研究のレビュー、実験手法の検討、データの吟味等もおこなう。

地球計測セミナー

(毎週月曜日 17時00分 ~18時30分 地震研 2号館第一輪講室)
規模: 10~15人(複数研究グループ)
主催教員: 新谷昌人、田中宏幸、青木陽介、今西祐一、綿田辰吾、高森昭光、武多昭道、西山竜一、宮本成悟
予定開講日: 4月19日
連絡先: 新谷昌人(地震研2号館214号室、内線25821)
内容: 測地学、地震学、火山学等の計測技術や観測手法に関連する研究発表や論文紹介を通じて、固体地球科学の理解を深める。測地学、地震学、火山学等の計測技術や観測手法に関連する研究発表や論文紹介を通じて、固体地球科学の理解を深める。

宇宙地球物質科学セミナー

(毎週月曜日 17時00分 ~19時00分 オンライン+理学部1号館101号室)
規模: 10-20人(複数研究グループ)
主催教員: 三河内 岳,飯塚 毅
予定開講日: 4月12日
連絡先: 理学部1号館743号室, 内線24282
内容: 宇宙地球化学的、同位体的、鉱物学的なアプローチを中心として地球科学・惑星科学の研究を進めている複数研究グループのセミナー。主として参加者の研究発表をもとに議論をお こなう。宇宙地球化学的、同位体的、鉱物学的なアプローチを中心として地球科学・惑星科学の研究を進めている複数研究グループのセミナー。主として参加者の研究発表をもとに議論をお こなう。

駒場地球科学セミナー

(毎週火曜日 10時30分 ~12時30分 駒場16号館802号室)
規模: 20人(研究グループ内)
主催教員: 小河正基・小宮剛
予定開講日: 4月6日
連絡先: 小河正基(駒場16号館801B, 46612)、小宮剛(駒場16号館826B, 46609)
内容: 地球、惑星に関する研究成果やレビュー発表地球、惑星に関する研究成果やレビュー発表

構造地質・テクトニクスセミナー

(毎週火曜日 10時30分 ~12時00分 オンライン)
規模: 15名
主催教員: ウォリス  サイモン, 山口飛鳥, 永冶方敬
予定開講日: 4月13日
連絡先: 理学部1号館748号室、内線24510
内容: 構造地質学・テクトニクス、とりわけプレート収束域に関する研究発表と議論を行う。構造地質学・テクトニクス、とりわけプレート収束域に関する研究発表と議論を行う。

岩石テクトニクスセミナー

(毎週火曜日 13時00分 ~16時00分 理学部 1号館843号室)
規模: 10名
主催教員: ウォリス サイモン, 永冶方敬, 秋澤 紀克
予定開講日: 4月20日
連絡先: 理学部1号館748号室、内線24510
内容: 学生自身による研究成果の発表や関連する論文の紹介を通じて構造地質学と岩石学分野への理解を深めると共に、研究の進め方や発表の仕方を修得させる。学生自身による研究成果の発表や関連する論文の紹介を通じて構造地質学と岩石学分野への理解を深めると共に、研究の進め方や発表の仕方を修得させる。

地球惑星システム科学セミナー

(毎週火曜日 15時00分 ~18時00分 理学部1号館S:710号室、A:336号室/オンライン)
規模: 40人
主催教員: 地球惑星システム科学基幹講座全教員
予定開講日: 4月27日
連絡先: 高橋聡(stakahashi@eps.s.u-tokyo.ac.jp)
内容: 地球惑星科学の様々な分野の研究者から最先端の研究に関して講演を聴き、システム科学的見方で議論をおこない、地球惑星システムの安定性や進化の仕組みを考える。また、講座全体の教育セミナーとしての役割も担い、夏に博士論文を提出予定の院生の中間発表会、秋には修士論文の中間発表会を開催し、院生の研究の内容や方向性について、多角的視点で議論する。地球惑星科学の様々な分野の研究者から最先端の研究に関して講演を聴き、システム科学的見方で議論をおこない、地球惑星システムの安定性や進化の仕組みを考える。また、講座全体の教育セミナーとしての役割も担い、夏に博士論文を提出予定の院生の中間発表会、秋には修士論文の中間発表会を開催し、院生の研究の内容や方向性について、多角的視点で議論する。

惑星地質学研究セミナー

(毎週火曜日 15時30分 ~17時30分 工学部3号館またはTeNQ未定)
規模: 研究グループ内
主催教員: 宮本 英昭
予定開講日: 未定
連絡先: 内線27027
内容: 惑星地質学に関連する研究報告
惑星地質学に関連する研究報告

隕石科学研究セミナー

(毎週火曜日 16時00分 ~17時00分 総合研究博物館総合研究博物館本館205号室)
規模: 5~6人(研究グループ内)
主催教員: 三河内 岳
予定開講日: 4月13日
連絡先: 三河内 岳(総合研究博物館218号室、 内線22830)
内容: 惑星物質科学の研究分野で、特に隕石や月試料、小惑星・彗星サンプルリターン試料等に関する教員・院生の研究発表を実施する。惑星物質科学の研究分野で、特に隕石や月試料、小惑星・彗星サンプルリターン試料等に関する教員・院生の研究発表を実施する。

地球内部電磁気セミナー

(毎週火曜日 16時30分 ~18時00分 地震研究所第3会議室)
規模: 10-15人(複数研究グループ)
主催教員: 上嶋誠、清水久芳、馬場聖至、小河勉、小山崇夫、臼井嘉哉
予定開講日: 4月13日
連絡先: 清水久芳(地震研 1-704, 内線25748)
内容: 地球内部電磁気学に関する研究発表をもとに、研究内容・手法に関する議論を行う。地球内部電磁気学に関する研究発表をもとに、研究内容・手法に関する議論を行う。

進化古生物学セミナー

(毎週火曜日 17時00分 ~19時00分 理学部1号館337B号室/オンライン)
規模: 20人(複数研究グループ)
主催教員: 遠藤一佳、佐々木猛智、平沢達矢、砂村倫成
予定開講日: 4月6日
連絡先: 遠藤一佳(理学部1号館531号室、内線22534)
内容: 進化古生物学におけるオリジナルな研究の発表と議論進化古生物学におけるオリジナルな研究の発表と議論

GCMセミナー

(隔週火曜日 17時00分 ~19時00分 柏キャンパス総合研究棟270号室/オンライン)
規模: 20~30人 (複数研究グループ)
主催教員: 三浦裕亮、渡部雅浩、宮川知己
予定開講日: 4月6日
連絡先: 三浦裕亮(理学部1号館846号室、内線24664、h_miura@eps.s.u-tokyo.ac.jp)
内容: 全球気候モデルの力学過程・物理過程、および、その最新動向についてレビューと研究発表により学ぶ。また、実習を通じて実践的スキルを習得する。全球気候モデルの力学過程・物理過程、および、その最新動向についてレビューと研究発表により学ぶ。また、実習を通じて実践的スキルを習得する。

地震学セミナー

(毎週火曜日 17時05分 ~18時35分 地震研地震研講義室)
規模: 15-20人(複数研究グループ
主催教員: 中谷正生,亀伸樹,加藤尚之,安藤亮輔, 望月公廣, 西田究
予定開講日: 4月6日
連絡先: 中谷正生(地震研究所2号館311号室,内線25763).nakatani@eri.u-tokyo.ac.jp
内容: 震源・地震波動・地下構造・地震活動・火山に伴う地震・岩石実験などを中心とした地震学の研究発表や論文紹介震源・地震波動・地下構造・地震活動・火山に伴う地震・岩石実験などを中心とした地震学の研究発表や論文紹介

気候コロキウム

(毎週水曜日 10時00分 ~11時30分 柏キャンパス総合研究棟270号室)
規模: 15~20人(気候系複数研究グループ)
主催教員: 木本昌秀、高薮縁、佐藤正樹、阿部彩子、渡部雅浩、吉森正和、宮川知己
予定開講日: 4月7日
連絡先: 渡部雅浩(総合研究棟304、 内線64387)
内容: 気候力学、気候モデリング、気象力学,大気大循環、熱帯気象、古気候等の研究発表あるいはレビューなどを通じ,研究の進め方,まとめ方や発表の仕方を学ぶ。気候力学、気候モデリング、気象力学,大気大循環、熱帯気象、古気候等の研究発表あるいはレビューなどを通じ,研究の進め方,まとめ方や発表の仕方を学ぶ。

海洋地球化学セミナー

(毎週水曜日 10時30分 ~12時00分 大気海洋研究所5Fセミナー室)
規模: 5〜10人(研究グループ内)
主催教員: 白井厚太朗
予定開講日: 4月14日
連絡先: 白井厚太朗(大気海洋研究所314号室、内線66403)
内容: 海洋化学や地球化学に関連する研究成果の発表を行い、議論を深める.海洋化学や地球化学に関連する研究成果の発表を行い、議論を深める.

地震発生帯物性・構造セミナー

(毎週水曜日 15時00分 ~16時30分 地震研究所セミナー室・オンライン)
規模: 複数研究グループ
主催教員: 小原一成,篠原雅尚,上嶋誠,加藤愛太郎,望月公廣,石山達也,蔵下英司,竹尾明子,悪原岳,武村俊介,仲田理映,臼井嘉哉
予定開講日: 4月14日
連絡先: 望月公廣(地震研究所1号館506,内線25715)
内容: 地震発生帯を中心に,観測・実験研究から求められる様々なスケールの不均質構造や地殻活動・地質学的構造・物性,さらにはその進化プロセスに関する研究を紹介し合う。本セミナーは,観測・実験研究に重点が置かれているが,その他の分野(理論,シミュレーション等)の分野からのアプローチも歓迎する.地震発生帯を中心に,観測・実験研究から求められる様々なスケールの不均質構造や地殻活動・地質学的構造・物性,さらにはその進化プロセスに関する研究を紹介し合う。本セミナーは,観測・実験研究に重点が置かれているが,その他の分野(理論,シミュレーション等)の分野からのアプローチも歓迎する.

地理情報科学セミナーⅡ

(毎週水曜日 15時30分 ~17時00分 柏・総合研究棟470)
規模: 15人(研究グループ内)
主催教員: 小口 高・飯塚浩太郎
予定開講日: 4月14日
連絡先: 内線64301
内容: GISとリモートセンシングの地理学的応用に関する各自の研究発表.GISとリモートセンシングの地理学的応用に関する各自の研究発表.

強震動・津波・歴史地震セミナー

(毎週水曜日 17時00分 ~18時30分 地震研究所1号館会議室)
規模: 複数研究グループ
主催教員: 古村孝志・佐竹健治・綿田辰吾・三宅弘恵・加納靖之・大邑潤三
予定開講日: 4月7日
連絡先: 加納靖之(地震研1号館607号室、内線25696)
内容: 大地震の強い揺れや大津波の発生と伝播に関し、観測データ解析、モデリング、史料等に基づく最新の研究成果を持ち寄り議論・意見交換を行う。大地震の強い揺れや大津波の発生と伝播に関し、観測データ解析、モデリング、史料等に基づく最新の研究成果を持ち寄り議論・意見交換を行う。

生命圏物質科学

(毎週水曜日 18時30分 ~19時30分 理学部 1号館337B号)
規模: 複数研究グループ、25人
主催教員: 小暮 敏博、鈴木 庸平、高橋 嘉夫、板井啓明、奥村大河
予定開講日: 4月7日
連絡先: 小暮敏博(理学部1号館,540号室、内線 24546)、鈴木庸平(理学部1号館,535号室、内線 24544), 高橋嘉夫(理学部1号館,542号室、内線 24517), 板井啓明(理学部1号館,541号室、内線 24553)
内容: 生命圏あるいは地球表層に特徴的な物質の特徴やその形成機構、大気・水・微生物との反応過程、物質循環や人間社会への影響などに関する研究成果の発表と議論生命圏あるいは地球表層に特徴的な物質の特徴やその形成機構、大気・水・微生物との反応過程、物質循環や人間社会への影響などに関する研究成果の発表と議論

海洋物理学セミナー

(毎週木曜日 10時30分 ~12時00分 理学部1号館105号室)
規模: 約20人(複数研究グループ)
主催教員: 日比谷紀之、升本順夫、東塚知己
予定開講日: 4月8日
連絡先: 東塚知己(理学部1号館 813号室、内線24288)
内容: 学生自身による研究成果の発表や関連する論文の紹介を通じて海洋物理学の理解を深めると共に、研究の進め方や発表の仕方を修得させる。学生自身による研究成果の発表や関連する論文の紹介を通じて海洋物理学の理解を深めると共に、研究の進め方や発表の仕方を修得させる。

海洋大気力学コロキュウム

(毎週木曜日 13時00分 ~15時00分 大気海洋研究所616号室)
規模: 10~15人(研究グループ内)
主催教員: 佐藤正樹, 伊賀啓太
予定開講日: 未定
連絡先: 伊賀啓太(大気海洋研究所612号室 内線 66052 iga@aori.u-tokyo.ac.jp)
内容: 大気・海洋の諸現象の力学に関する本や論文の輪講を通じて、様々な問題を議論しその理解を深める。 (時間・曜日については、受講者と相談して変更の場合もあります)大気・海洋の諸現象の力学に関する本や論文の輪講を通じて、様々な問題を議論しその理解を深める。 (時間・曜日については、受講者と相談して変更の場合もあります)

大気物理と気候セミナー

(毎週木曜日 13時30分 ~15時30分 柏キャンパス総合研究棟320号室)
規模: 10~15人(研究グループ内)
主催教員: 鈴木健太郎
予定開講日: 4月15日
連絡先: 鈴木健太郎(ksuzuki@aori.u-tokyo.ac.jp, 総合研究棟303, 内線64398)
内容: 雲・降水・エアロゾル・放射およびそれらの気候影響に関する研究発表あるいはレビューを通じて、研究の進め方、まとめ方や発表の仕方を学ぶ。雲・降水・エアロゾル・放射およびそれらの気候影響に関する研究発表あるいはレビューを通じて、研究の進め方、まとめ方や発表の仕方を学ぶ。

海洋大循環・海洋混合学コロキウム

(毎週木曜日 14時00分 ~16時00分 大気海洋研6Fセミナ室またはオンライン)
規模: 5-10名(研究グループ内)
主催教員: 安田一郎
予定開講日: 4月15日
連絡先: 佐々木雄亮(大気海洋研)
内容: 海洋大循環および海洋混合学に関する研究発表および講義海洋大循環および海洋混合学に関する研究発表および講義

気象学セミナー

(毎週木曜日 15時00分 ~16時30分 理学部 1号館337B号室)
規模: 20〜30人 (複数研究グループ)
主催教員: 佐藤薫、小池真、三浦裕亮
予定開講日: 4月8日
連絡先: 佐藤薫(理学部1号館847号室、内線 24668)
内容: 気象学に関する個々人の研究発表と討論を通じ、研究目的や方針を明確化すると共に、結果をまとめ発表する技術を養う。気象学に関する個々人の研究発表と討論を通じ、研究目的や方針を明確化すると共に、結果をまとめ発表する技術を養う。

太陽MHDセミナー

(毎週木曜日 15時00分 ~17時00分 ISAS 新A棟1754室)
規模: 研究グループ内
主催教員: 清水敏文
予定開講日: 未定
連絡先: shimizu at solar.isas.jaxa.jp 050-3362-4663
内容: 太陽物理学、MHDに関する書籍を講読し、太陽物理学の理解を深めると共に、研究の進め方や議論を行う。太陽物理学、MHDに関する書籍を講読し、太陽物理学の理解を深めると共に、研究の進め方や議論を行う。

海半球セミナー

(毎週木曜日 16時00分 ~17時30分 地震研究所講義室)
規模: 15-20人(複数研究グループ)
主催教員: 清水久芳、塩原肇、竹内希、馬場聖至、一瀬建日
予定開講日: 4月15日
連絡先: 清水久芳(地震研 1-704, 内線25748)
内容: 地球内部構造・ダイナミクスに関する研究発表地球内部構造・ダイナミクスに関する研究発表

固体フォーラム

(毎週木曜日 16時30分 ~18時00分 理学部 1号館336号室またはオンライン)
規模: 20~30 人(複数研究グループ)
主催教員: 固体地球科学講座全教員
予定開講日: 4月8日
連絡先: 永冶方敬(nagaya@eps.s.u-tokyo.ac.jp)
内容: 固体地球惑星科学とそれに関連する地球惑星研究の発表と議論固体地球惑星科学とそれに関連する地球惑星研究の発表と議論

表層セミナー

(毎週木曜日 17時00分 ~19時00分 理学部 1号館Sセメ851号室、Aセメ739号室/オンライン)
規模: 25人
主催教員: 茅根創、田近英一、池田昌之、茂木信宏、高橋聡、狩野彰宏、後藤和久
予定開講日: 4月8日
連絡先: 高橋聡(理学部1号館852号室,内線24538)
内容: 地球環境変動、物質循環に関する研究進行状況発表を行う(研究発表の対象は大学院学生)地球環境変動、物質循環に関する研究進行状況発表を行う(研究発表の対象は大学院学生)

全固体地球惑星セミナー

(毎週金曜日 9時00分 ~10時30分 理学部 1号館337B号室)
規模: 10〜15人(複数研究グループ)
主催教員: 河合研志、田中愛幸、桜庭中、桑山靖弘、佐藤雅彦、永冶方敬
予定開講日: 4月9日
連絡先: 佐藤雅彦(m.sato@eps.s.u-tokyo.ac.jp)
内容: 学生自身による研究成果の発表を通じて地球内部物理学の理解を深めると共に、研究の進め方や発表の仕方を修得する。学生自身による研究成果の発表を通じて地球内部物理学の理解を深めると共に、研究の進め方や発表の仕方を修得する。

宇宙化学・宇宙鉱物学セミナー

(毎週金曜日 9時00分 ~10時30分 理学部 1号館851号室またはオンライン)
規模: 10人程度(複数研究グループ)
主催教員: 橘省吾・瀧川晶
予定開講日: 4月9日
連絡先: 橘省吾(tachi@eps.s.u-tokyo.ac.jp),瀧川晶(takigawa@eps.s.u-tokyo.ac.jp)
内容: 宇宙化学・宇宙鉱物学に関する学生や教員の発表・議論宇宙化学・宇宙鉱物学に関する学生や教員の発表・議論

気候システムセミナー

(毎週金曜日 13時30分 ~15時00分 柏総合研究棟(大気海洋研究所気候システム研究系)270号室)
規模: 30~50人(複数研究グループ)
主催教員: 大気海洋研究所気候システム研究系関係教員(木本、高薮、今須、佐藤、羽角、阿部、渡部、鈴木、吉森、宮川、岡)
予定開講日: 4月16日
連絡先: 岡 顕(柏キャンパス総合研究棟、211a室、内線64384、akira@aori.u- tokyo.ac.jp)
内容: 国内外の研究者および大気海洋研究所気候システム研究系メンバーによる研究発表を通じて、気候モ デリング、 気候変動についての知識の向上や最新動向の把握を図るとともに, 学生は研究の進め方,まとめ方や発表の仕方を学ぶ。参加者・講演者の都合によって日時は変更することもある。国内外の研究者および大気海洋研究所気候システム研究系メンバーによる研究発表を通じて、気候モ デリング、 気候変動についての知識の向上や最新動向の把握を図るとともに, 学生は研究の進め方,まとめ方や発表の仕方を学ぶ。参加者・講演者の都合によって日時は変更することもある。

地球・惑星微生物コロキウム

(毎週金曜日 15時00分 ~16時00分 理学部 1号館101号室)
規模: 10人(研究グループ内)
主催教員: 鈴木庸平
予定開講日: 4月16日
連絡先: 鈴木庸平(理学部1号館535室、内線24544)
内容: 地球微生物学、アストロバイオロジー、等に関する研究発表を行う。地球微生物学、アストロバイオロジー、等に関する研究発表を行う。

STPコロキウム

(毎週金曜日 15時00分 ~16時30分 理学部 1号館807号室)
規模: 15-20人(研究グループ内)
主催教員: 星野真弘、 関華奈子、横山央明、 天野孝伸 、笠原慧、大平豊、桂華邦裕
予定開講日: 4月9日
連絡先: 桂華邦裕(理学部1号館809号室keika@eps.s.u-tokyo.ac.jp)
内容: 宇宙空間・太陽・磁気圏・電離圏・大気圏の物理学・化学に関する新しい話題の紹介・研究発表により,この分野の学問の基礎的・包括的な理解を目的とする.宇宙空間・太陽・磁気圏・電離圏・大気圏の物理学・化学に関する新しい話題の紹介・研究発表により,この分野の学問の基礎的・包括的な理解を目的とする.

地殻化学コロキュウム

(毎週金曜日 16時00分 ~18時00分 理学部化学本館3階講義室1302号室)
規模: 20-30人(複数研究グループ)
主催教員: 鍵裕之、平田岳史、森俊哉
予定開講日: 4月9日
連絡先: 森俊哉 (化学東館0104号室、内線24649, mori@eqchem.s.u-tokyo.ac.jp)
内容: 地球化学・宇宙化学全般を対象としたコロキュウムで、参加者は各自の研究内容を中心とした発表をおこない、それらをもとに議論する。なお、月に1回程度は通常参加者以外の研究者に依頼して最新のトピックスの紹介をもとに議論をおこなう。地球化学・宇宙化学全般を対象としたコロキュウムで、参加者は各自の研究内容を中心とした発表をおこない、それらをもとに議論する。なお、月に1回程度は通常参加者以外の研究者に依頼して最新のトピックスの紹介をもとに議論をおこなう。

気候物質科学セミナー

(毎週金曜日 16時00分 ~18時00分 理学部 1号館851号室)
規模: 5-10 人 (複数研究グループ)
主催教員: 小池真、髙橋嘉夫、茂木信宏
予定開講日: 4月16日
連絡先: 小池真(理学部1号館845号室、内線 24595、koike@eps.s.u-tokyo.ac.jp)
内容: 地球惑星の気候や環境を支配する物理・化学過程とその研究手法について、大気を中心に物質科学の観点から議論する。地球惑星の気候や環境を支配する物理・化学過程とその研究手法について、大気を中心に物質科学の観点から議論する。

大気大循環・相互作用セミナー

(毎週金曜日 17時00分 ~19時00分 先端研3号館411号室)
規模: 10〜15人(研究グループ内)
主催教員: 中村 尚・小坂 優
予定開講日: 4月9日
連絡先: 中村 尚 (先端研3号館410号室、内線55145)
内容: 大気大循環と付随する雲・降水帯の形成・変動の実態や力学,及び海洋・雪氷・陸面との相互作用大気大循環と付随する雲・降水帯の形成・変動の実態や力学,及び海洋・雪氷・陸面との相互作用

海洋底科学セミナー

(毎週金曜日 15時00分 ~17時00分 大気海洋研究所総合研究棟2F会議室)
規模: 40人(複数研究グループ)
主催教員: 横山祐典、沖野郷子、芦寿一郎、朴進午、黒田潤一郎、山口飛鳥、 秋澤紀克, 松崎賢史
予定開講日: 4月16日
連絡先: 沖野(内線66131, okino@aori.u-tokyo.ac.jp)
内容: 海底の現行地質過程、海洋性地殻の形成と進化、地球の内部 構造など、広く海洋底に関わるテーマについて、学生・教員の研究成果の発表とそれに対する議論を行う。日程は都合により変更の可能性がある。セミナーのウェブページを参照のこ と。http://ofgs.aori.u-tokyo.ac.jp/seminar.html海底の現行地質過程、海洋性地殻の形成と進化、地球の内部 構造など、広く海洋底に関わるテーマについて、学生・教員の研究成果の発表とそれに対する議論を行う。日程は都合により変更の可能性がある。セミナーのウェブページを参照のこ と。http://ofgs.aori.u-tokyo.ac.jp/seminar.html

宇宙プラズマセミナー

(毎週金曜(出席者の都合に応じて変更アリ) 時間未定 ISAS A棟5階会議室)
規模: 研究グループ内
主催教員: 藤本 正樹
予定開講日: 未定
連絡先: 050 3362 5063
fujimoto [AT] stp.isas.jaxa.jp
内容: 宇宙プラズマ物理の基礎を、テキストの輪講を通じて理解する。宇宙プラズマ物理の基礎を、テキストの輪講を通じて理解する。

物性実験セミナー

(曜日未定 15時00分 ~17時00分 地震研)
規模: 複数研究グループ
主催教員: 平賀岳彦、武井康子
予定開講日: 未定
連絡先: 武井康子(地震研、内線25770、ytakei@eri.u-tokyo.ac.jp)
内容: 参加者による研究発表や論文紹介をもとに議論を行い、研究の進め方やプレゼン方法を習得する。実験や岩石レオロジーに関するトピックが多い。参加者による研究発表や論文紹介をもとに議論を行い、研究の進め方やプレゼン方法を習得する。実験や岩石レオロジーに関するトピックが多い。

固体惑星セミナー

(曜日・時間未定 ISAS A棟5階会議室)
規模: 研究グループ内
主催教員: 臼井 寛裕
予定開講日: 未定
連絡先: usui.tomohiro [AT] isas.jaxa.jp
内容: 固体惑星科学に関わる研究の紹介や新着論文紹介固体惑星科学に関わる研究の紹介や新着論文紹介

【一般研究セミナー】

地球生命圏科学セミナー

(第4月曜日 17時00分 ~19時30分 理学部 1号館336号室/オンライン)
規模: 40人(大講座)
主催教員: 生命圏講座全教員
予定開講日: 4月26日
連絡先: 砂村倫成(理学部4号館1515室、内線24520, sunamura@eps.s.u-tokyo.ac.jp)
内容: 生命圏講座の教育および研究相互理解のための共通セミナーとして開催する。1.GBS講座所属メンバーによる研究成果の発表、2.外部講演者による関連するテーマの研究発表、3.博士論文提出予定の院生の中間発表会(6-7月)、4. 修士論文の中間発表会(9月)生命圏講座の教育および研究相互理解のための共通セミナーとして開催する。1.GBS講座所属メンバーによる研究成果の発表、2.外部講演者による関連するテーマの研究発表、3.博士論文提出予定の院生の中間発表会(6-7月)、4. 修士論文の中間発表会(9月)

ジャーナルクラブ(気候力学)

(毎週火曜日 16時00分 ~17時30分 理学部1号館101号室)
規模: 約20人(複数研究グループ)
主催教員: 升本順夫、三浦裕亮、東塚知己
予定開講日: 4月13日
連絡先: 東塚知己(理学部1号館 813号室、内線24288)
内容: 最近の研究動向(主に中低緯度の気候変動研究分野)を把握すると同時に、今後の研究の方向性を探る。論文を批判的に読む力や論理的な発表をする力を身に付ける。最近の研究動向(主に中低緯度の気候変動研究分野)を把握すると同時に、今後の研究の方向性を探る。論文を批判的に読む力や論理的な発表をする力を身に付ける。

環境地球化学セミナー

(毎週火曜日 17時00分 ~20時00分 理学部 1号館851号室)
規模: 5-10人(研究グループ内あるいは複数研究グループ内)
主催教員: 高橋嘉夫、板井啓明
予定開講日: 4月6日
連絡先: ytakaha@eps.s.u-tokyo.ac.jp
     itai@eps.s.u-tokyo.ac.jp
内容: 表層環境地球化学に関する学生・教員の研究成果の発表。表層環境地球化学に関する学生・教員の研究成果の発表。

ひのでセミナー

(隔週水曜日 15時00分 ~16時30分 ISAS 新A棟1754室)
規模: 10~15人(複数研究グループ)
主催教員: 清水敏文
予定開講日: 未定
連絡先: shimizu at solar.isas.jaxa.jp, 050-3362-4663
内容: 太陽およびその関連分野に関わる最新研究成果の発表とそれに対する質疑応答を通じて専門的な理解を深める。言語は英語。太陽およびその関連分野に関わる最新研究成果の発表とそれに対する質疑応答を通じて専門的な理解を深める。言語は英語。

変動帯テクトニクスセミナー

(時間・曜日未定 地震研)
規模: 10名(複数研究グループ)
主催教員: 木下正高,山野誠
予定開講日: 未定
連絡先: 木下正高(地震研1号館404号室,内線25809, masa@eri.u-tokyo.ac.jp)
内容: 主に海底における熱・水理・構造探査・掘削等のデータ解析・モデリングから,変動帯のダイナミクス・テクトニクスに関する理解を深める.主に海底における熱・水理・構造探査・掘削等のデータ解析・モデリングから,変動帯のダイナミクス・テクトニクスに関する理解を深める.