Environmental Security

Introduction

Please read the following items for environmental safety. “※” is for core groups, “*” pages are open to public and other pages are restricted to University of Tokyo internal.

Manuals, Safety Course Materials, Emergency Contact

Experiment

Fieldtrip, Overseas Trip, Insurance

Accident, Disaster Prevention

Related Links

Contact

Safety Committee Mailing List: safety[at]eps.s.u-tokyo.ac.jp
Safety Committee Chairman: Kano (24541)
Fieldwork Safety Manager: Kano (24541)
Core Group Managers: Koike (Atmospheric and Oceanic Science), Cho (Space and Planetary Science), Kayane (Earth and Planetary System Science), Hirose (Solid Earth Science), Kano (Geosphere and Biosphere Science)
Manager in general aspects: Kobayashi (24557)

Chemicals

Introduction

The management and use of chemicals are under laws and regulations which must be followed. The following information is for core groups of the Earth and Planetary Science major. Please contact respective managers of each cooperation programs.

Chemicals and High Pressure Gas Management System (UTCIMS)

At the University of Tokyo, UTCIMS, the system to manage chemicals and high pressure gas, is introducted, and applicable laboratories must manage accordingly.
UTCIMS Website

The registration for test reagent use can be done without logging in at UTCIMS, but other procedures such as inventory control and waste processing request can only be done after logging into the system with UTokyo account as control range differs in permission level. Permission application procedure is also different for laboratory manager and other staff in general.

(1) Laboratory Manager (for laboratories to newly start managing chemicals and high pressure gas)

 ⇒ Need to obtain “laboratory manager” permission from the environmental safety office, and contact the office with name and common ID.

(2) Other staff (Student, researcher, etc.)

 ⇒ Can be granted “inventory control” permission in the laboratory, and please request laboratory manager for the permission. If “laboratory manager” permission is needed, let the environmental safety office know your name and ID.

Please refer to UTCIMS for other details.

Poisonous and Deleterious Substances

  • Poisonous and deleterious substances must be kept in rigid, exclusive storage.
  • In general, poisonous substances should be kept separately from deleterious substances with different keys.
  • Lab staff responsibly handle poisonous and deleterious substances storage keys.
  • Lab manager must be informed about the storage loading-in/out operation.
  • In general, poisonous substances should be kept separately from other deleterious test reagent.
  • Label “Poisonous substance not for medical use” and “Deleterious substance not for medical use” on the storage and test reagent bottle. (Contact EPS safety manager (Kobayashi) or environmental safety office for labels.)
  • Return the substances immediately to storage after use.
  • Conduct inventory inspection at least once a year.

* Refer to Poisonous and Deleterious Substances for details.

Organic Solvent, Specified Chemical Substances

Fire Service Act Hazardous Material

  • Refer to this link for hazardous materials applicable to Fire Service Act.
  • The amount of hazardous materials on a single floor of the building (=the total summed amount of hazardous materials in all the rooms of the floor) is restricted to less than 0.2 times the designated amount. Refer to this link for designated amount for each substance.
  • Hazardous material storage is placed in the East Tower of Faculty of Science Building 1. Refer to Hazardous Material Storage for details.

High Pressure Gas

Introduction

The management and use of high pressure gas are under laws and regulations such as High Pressure Gas Safety Act which must be followed. The following information is for core groups of the Earth and Planetary Science major. Please contact respective managers of each cooperation programs.

Chemical Substances and High Pressure Gas Management System (UTCIMS)

At the University of Tokyo, UTCIMS, the system to manage chemicals and high pressure gas, is introducted, and applicable laboratories must manage accordingly.
UTCIMS Website

The registration for test reagent use can be done without logging in at UTCIMS, but other procedures such as inventory control and waste processing request can only be done after logging into the system with UTokyo account as control range differs in permission level. Permission application procedure is also different for laboratory manager and other staff in general.

(1) Laboratory Manager (for laboratories to newly start managing chemicals and high pressure gas)

 ⇒ Need to obtain “laboratory manager” permission from the environmental safety office, and contact the office with name and common ID.

(2) Other staff (Student, researcher, etc.)

 ⇒ Can be granted “inventory control” permission in the laboratory, and please request laboratory manager for the permission. If “laboratory manager” permission is needed, let the environmental safety office know your name and ID.

Please refer to UTCIMS for other details.

Handling Precautions

  • Have a sufficient understanding of the risk of high pressure gas, and ensure that safe handling and storage is maintained.
  • Stabilize high pressure gas cylinder in a stand or cabinet with 2 chains or other fixtures.
  • Apply fall-prevention mesures to the stand and cabinet as well.
  • Used and unnecessary high pressure gas clyinders must immediately be removed.
  • Reduce the amount of high pressure gas ketp in the room or building.
  • High pressure gas storage is placed in the Faculty of Science Building 1. Refer to High Pressure Gas Storage for details.

Others

 Refer to High Pressure Gas of University of Tokyo Portal for details.

Experimental Waste (Fluid Waste, etc.)

Introduction

Experimental waste such as fluid wastes generated from experiments are collected by the Environmental Science Center. Applicable rules must be followed for disposing experimental wastes. The following information is for core groups of the Earth and Planetary Science major. Please contact respective managers of each cooperation programs.

Environment and Safety Course Certification

“Environment and Safety Course Certification” is needed to request the Environmental Science Center to dispose experimental wastes. The certification can be obtained by the following actions.

(1) Attend the Environment and Safety Course
(2) Pass the exam given at the end of the Environment and Safety Course
(3) Attend the Environment and Safety Tour

Registration is required for attending the Environment and Safety Course and Tour. Make a reservation for the course from Attendance Management System.

Receiving Designated Plastic Container

Fluid waste container (designated plastic container) can be obtained from environmental safety manager (Munakata, Accounting Dept. (Extension: 27920). Contact environmental safety manager for details.

Experimental Waste Disposal Request Form

Experimental Waste Disposal Request Form can be created from UTCIMS, instead of photocopying. Refer to UTCIMS website for details.
UTCIMS Website

Disposing Experimental Waste

Scheduled experimental waste collection date and location is as follows.

  • Date and Time: Wednesdays, 14:10-14:45
  • Location: Chemistry West Wing Pilotis, Faculty of Science Building 4

Returning Designated Plastic Container

Contact the Environmental Safety Center manager and return unnecessary or expired plastic container on scheduled waste collection date.

Others

Refer to Environmental Safety Center website for details.

Radiation (Registration of Radio Isotope Handler)

Introduction

Researchers who use X-ray equipment, radioactive isotopes (RI), particle accelerator, synchrotron accelerator (SOR), etc. must be certified the Radio Isotope Handler. At experiments involving such as RI, accelerator and SOR, a researcher must put on Luminess Badge.

* PDF version of the registration procedure of Radio Isotope Handler can be downloade from this link .

Registration Process

Radio Isotope Handler certificate is classified into categories such as X-ray, RI, accelerator, SOR, etc., and must obtain an appropriate one. X-ray certificate has “X-AB” and “X-CDE” which differs in permission for the use of equipment and location.

* Registraion can be done via Radio Isotope Handler Management System (UTRadMS). UTokyo Account, e-mail address (external address is applicable), and phone number are required for registration process.

* In case the Radio Isotope Handler certificate is used in related laboratories such as Atmosphere and Ocean Research Institute and Earthquake Research Institute and not within the School of Science, the certificate must be obtained in the respective institute and not the Department of Earth and Planetary Science. Contact the manager at the institute for details.

* Several laboratories independently delivers registration process. In such case, contact the laboratory manager for difference in the registration procedure.

* Undergraduate students can be granted the certificate after laboratory assignment.

Registration Procedure
UTRadMSに関する説明

東大ポータル内便利帳
※ UTRadMSのマニュアルは上記に掲載されています。

証明書

放射線業務従事者証明書

講習会・健康診断日程
  • 理学部放射線取扱者講習会日程
    • 第1回 終了しました
    • 第2回 終了しました
    • 第3回 終了しました
    • 第4回 終了しました
    • 第5回 未定
    • 第6回 未定
    • 第7回 未定
    • 第8回 未定

※ 全学一括講習会の日程はUTRadMSよりご確認ください。

ルミネスバッジ

※取扱内容が「X-AB」のみの方は対象外です。

認可後に毎月「ルミネスバッジ」が支給されます。ルミネスバッジは専攻事務室(理1号館西棟 8階 811号室)にあるメールボックス(廊下側)の一角にまとめて入れられていますので、実験やX線装置のメンテナンスで必要な時はそこからバッジを持ち出し、回収日までに必ず戻してください(回収日に翌月分のバッジが配られています)。

※ 回収は毎月25日の16時まで、25日が休日の場合にはその次の平日です。
※ 6ヶ月以上返却されない場合には実費がかかります。

なお、外部の研究機関など、学外で放射線を取り扱う場合でも、本学・理学部として放射線管理を行っている関係上、研究機関でのルミネスバッジ・クイクセルバッジ・ルクセルバッジ等の支給の有無にかかわらず、本学で支給されたルミネスバッジを必ず着用してください(研究機関にてバッジが支給された場合には本学のものと合わせて2個着用することになります)。ただし、海外で放射線を取り扱う場合には原則として本学支給のルミネスバッジの持参は不要です。

また、ルミネスバッジを空港の手荷物検査にかけた場合、バッジが被曝し本来の被曝線量が正しく測定できない恐れがあるため、検査前に必ず荷物から取り出してください。万一、手荷物検査にかけてしまった場合には速やかに担当者に報告してください。

ルミネスバッジに記録された被曝量については、特に問題が無い場合には現時点では通知をしておりません。必要があれば担当者にお問い合わせください。

放射線取扱者認可後の手続き

放射線取扱者に認可されますと、継続のためには毎年、理学部講習会の受講と問診の受診が必要となります。受講・受診を忘れると認可中断となりますので注意してください。

(1)理学部講習会の受講

例年8~10月に開催される継続者向けの講習会(新規登録者向けの講習会と合同)を受講してください。

※ 取扱内容が「X-AB」のみの方は通常は受講の必要はありませんが、制度が変更された場合には受講の必要があります。受講が必要な場合には指示がありますので、指示に従ってください。

(2)問診の受診

※ 取扱内容が「X-AB」のみの方は対象外です。

1年に2回(例年は前期7月頃、後期1月頃)行われる問診を受診してください。時期が近づきますと受診案内のメールが届きますので、指示に従い受診してください。

外部の研究機関で放射線を取り扱う場合の手続き

外部の研究機関で放射線を取り扱う場合には放射線管理室で「放射線取扱者従事者証明書」を作成してもらう必要があります。研究機関より様式を入手し、遅くとも実験予定日の2~3週間前までに研究室で取りまとめて放射線管理室に作成を依頼してください。

※ 放射線取扱主任者(放射線管理室)の印、研究科長の印が必要となりますので、証明書の作成依頼から交付まで2~3週間を要します。

※ 取扱内容が「X-AB」のみの人は証明書の発行ができないため(教育を受けたという証明書は発行可能です)、外部の研究機関で放射線を取り扱うことはできません。

登録内容(身分・取扱内容等)を変更する場合の手続き

登録内容(身分・取扱内容等)を変更する場合には所定の手続きが必要となります。詳細は以下の通りです。

  • 登録内容(身分・取扱内容等)の変更は「UTRadMS」から行います。まずは変更を希望する旨、担当者(小林)へご連絡ください。その後、ログイン後のトップページより「登録内容変更申請」をクリックすることで手続きを開始することが可能です。画面の指示に従い、手続きを行ってください。請後、内容に不備が無ければ、後日、申請が承認された旨のメールが届きます。
  • 「X-AB」から他の取扱内容への変更等、変更内容によっては追加の講習会の受講および健康診断の受診が必要となる場合があります。その際には案内のメールが届きますので、指示に従い受講・受診を行ってください。
  • 他部局へ進学・異動するなどで理学部の所属ではなくなるものの、引き続き本学で放射線の取り扱いを行う場合には、一旦取扱中止の手続きを行い、次の所属先となる部局にて改めて登録の手続きを行う必要があります。詳細は担当者までお問い合わせください。
  • 身分を変更する場合で共通IDが変更となる場合、以前の共通IDの管理記録を引き継ぐ必要がありますので、変更前に担当者へご連絡ください。

放射線の取り扱いを中止する場合の手続き

退職・卒業等で放射線の取り扱いを中止する場合には担当者にて手続きを行いますので、中止を希望する旨、ご連絡ください。なお、次の所属で放射線を取り扱うなどで本学の放射線業務従事者証明書(あるいは教育を受けたという証明書)が必要な場合には、直接、放射線管理室にお問い合わせください。

その他

担当者(問い合わせ先)

実務担当者: 安全委員会 小林(理1号館 837号室、内線24557、akobayashi[at]eps.s.u-tokyo.ac.jp)
担当教員 : 高橋(嘉)(理1号館 542号室、内線24517)
       笠原   (理1号館 834号室、内線24582)

事故・ヒヤリハット報告

学内での教育研究活動中や通勤・通学中に事故・ヒヤリハットが発生した場合、以下の手順により速やかに報告してください。(野外活動中の場合は、「野外安全体制と手続き(学生・PD・研究員)(教職員)」もあわせて参照してください)

1. 専攻安全委員会に電話・メールなどで事故にあったことを報告してください。

2. 報告用のシート(事故)(ヒヤリハット)にわかる範囲で記入し、専攻安全委員会に送付してください。
  (内容を確認の上、専攻安全担当者(小林)より連絡を差し上げます)

3. 以降、専攻安全委員会や理学部環境安全管理室の指示に従ってください。

提出された報告書は本学の安全衛生管理業務支援システム(UTSMIS)にて被災者(ヒヤリハットの場合は当事者)や事故発生場所などを特定されない形でデータベース化され、今後の事故防止等に活用されます。

防災

はじめに

防災に関する事項についてまとめています。
※ 本内容は当専攻基幹講座向けとなります。協力講座等につきましては各部局の担当者にお問い合わせください。

防災用ヘルメット

  • 教員室・大学院生室・学部生室等、各居室には防災用のヘルメットが備え付けられています。地震等の災害発生時に避難をする際にはヘルメットを着用してください。
  • ヘルメットの数が不足している場合には専攻事務室に予備がありますので、専攻事務室にお問い合わせください。
  • 備え付けのヘルメットは野外調査用ではありませんので、野外調査等での持ち出しはできません。
    (野外調査用のヘルメットについてはこちらを参照してください)
  • 異動・卒業・進級等で部屋を退去する場合でも、ヘルメットは置いたままにしてください。

防災訓練

理学系研究科の防災訓練が年1回行われています。詳細は環境安全管理室のWebサイト内「合同防災訓練」を参照してください。

野外調査機材(学内限定)

ハンマー、クリノメーター、ルーペ、ヘルメット等の野外調査用具は、現在は中央棟地下2階B240で保管しており、技術室での貸出・返却を停止しています。

ハンマー、クリノメーター、ルーペ等のご利用については、 栗栖(kurisu[at])までご相談ください。<野外調査用具の借り出し手順> (応急対応)
1.事務室でB240の鍵を借りる。
2.部屋を入ると調査用具類は右端の棚の奥側にある。棚を動かす必要がある場合は、小さな鍵が電源用の鍵なので、右に回して電源を入れる。開けようとする棚と棚の間(ボタンがあるあたり)に手を指し入れると、棚が動いて入れるようになる。
3.調査用具は一番奥にある。確保できたら、貸し出し用の用紙に用具名、氏名等を記入する。
4.忘れず電動棚の電源を切り、最後に部屋を施錠し、鍵を事務室に返す。

※用具や機材を返却する際は、借り出し時と同様に事務室で鍵を借りてもとあったところに戻し、必ず貸出用紙に返却日を記入するなどして返却したことがわかるようにしておくこと。

——————————————–

  • 以下のような野外調査機材を保管しており、地球惑星環境学科4年生及び地球惑星科学専攻所属の学生は、3週間を限度として借りることができます。尚、夏期期間中は貸し出しの期間を延長することがあります。
  • 地球惑星環境学科3年生に貸し出されている、ハンマー・クリノコンパス・ルーペ等は年度末に回収しますので、担当者の指示にしたがってください。
  • 学生間の貸し借り禁止(現使用者が一旦返却して、実際の借り出し者が誰かわかるようにする)

 担当: 理学部中央棟837号 栗栖(24528) 

野外調査機材

機材名備考
ハンマー、クリノコンパス、ルーペ 
ヘルメット防災用ヘルメット(理学系研究科配布)とは別
ゴーグル ハンマー使用時など
ハンドレベル 
メガフォン 
測量機材、その他 

野外安全体制と手続き(教職員)

はじめに

野外活動は屋内とは異なる様々な危険があり、安全衛生管理・事故防止に万全を期す必要があります。本学では、「東京大学の野外における教育研究活動に関する安全衛生規程」が定められており、活動前の届出、活動中の安全衛生管理が義務付けられています。野外活動における対応について、詳しくは「野外活動における安全衛生管理・事故防止指針(第4版)」を参照してください。

野外の定義

野外活動における「野外」(届出の必要のあるもの)は以下の条件を満たすものが該当します。

本学の敷地外であること
  ⇒演習林・実習所・観測所などの本学の敷地内は屋外であっても該当しません。
 ※集落や都市での調査も「野外」に該当します。

他機関(他大学・研究機関)の管理区域外であること
  ⇒国立天文台の観測所など、他機関が明確な管理区域として管理している敷地内は
   該当しません。

安全衛生管理計画書

野外活動に出かける前には、野外活動を主宰する教職員(責任者)が、本人が実際に野外活動に参加するかどうかに関わらず「安全衛生管理計画書」を作成し提出する必要があります。提出先は教職員の所属、野外活動の内容(授業かそれ以外か)によって異なります。手続きに時間を要するため、専攻事務室に提出する場合には必ず出発の10日前までに、その他の担当者に提出する場合には担当者が指定した期日までに提出してください。

<提出先>

当専攻(基幹講座)に所属する教職員の場合
 ⇒専攻事務室(jimu-eps.s[at]gs.mail.u-tokyo.ac.jp)

それ以外の教職員(研究所等他部局に所属する協力講座の教員等)
 (1)当専攻・学科の授業の場合
  ⇒専攻事務室(jimu-eps.s[at]gs.mail.u-tokyo.ac.jp)および所属する部局の担当者
 (2)上記以外(研究室による活動等)の場合
  ⇒所属する部局の担当者

野外調査届

当専攻・学科所属の学生・研究員等(教職員以外の構成員)が野外調査に出かける場合には、授業かそれ以外かに関わらず、必ず専攻事務室に「野外調査届」を提出することになっています。授業や研究室の研究活動で学生・研究員等を野外活動に参加させる場合には、参加予定者に野外調査届を提出するように指導してください。

参考:野外安全体制と手続き(学生・PD・研究員)

海外へ野外調査に出かける場合

当専攻・学科所属の学生・研究員等(教職員以外の構成員)が海外に野外調査に出かける場合には、授業かそれ以外かに関わらず、必ず出発前には「学術調査等のための海外渡航申請書・届(大学院生)」、「学術調査等のための海外旅行届(学部生)」を、帰国時には「帰国届(大学院生)()」を理学系研究科・理学部学務課に提出することになっています。授業や研究室の研究活動で学生・研究員等を海外での野外活動に参加させる場合には、参加予定者にそれぞれの書類を提出するように指導してください。

参考:海外渡航の際の手続き(大学院生)(学部生

緊急連絡

事故など緊急の場合には、「緊急連絡網」に沿って、「いつ」「どこで」「誰が」「どのような状況にあるか」を連絡してください。

参考:事故・ヒヤリハット報告

保険加入

学生・学振PDは全員「学生教育研究災害傷害保険(学研災)」に、研究員は労災保険に加入していますが、調査の目的や危険度に合わせて適切な保険に加入させてください。また、教職員についても業務中であれば労災保険が適用されますが、必要に応じて追加の保険に加入してください。


専攻長: 田近 英一
安全管理委員長(野外安全担当兼務): 狩野 彰宏
(2021/4/1)