博士論文について: 発表会・申請者向け情報

■博士論文発表会■

平成20年度夏季博士論文提出審査会合格者から、博士論文提出後の審査委員会の発表会を公開しています。下記のとおり発表会を行いますので、多数ご出席ください。

平成29年度

○平成30年2月2日(金)15:00-16:30 地震研究所2号館講義室
佐藤大祐
「O(N) method for spatio-temporal boundary integral equation method and a refined evolution law of the frictional strength -Toward realistic fault modeling(現実的な断層モデリングに向けた、摩擦強度発展則の精密化と時空間境界積分方程式法のO(N)法の開発)」

○平成30年1月29日(月)10:00-11:30 地震研1号館セミナー室
西川友章
「Detection and statistical analysis of earthquake swarms at subduction zones globally: Implications to slow slip activity
(全世界沈み込み帯における群発地震活動解析とスロースリップ活動への示唆)」

○平成30年1月29日(月)10:00-11:30 理学部1号館843号室
後藤恭敬
「Development and application of turbulence estimation using a fast-response thermistor attached to a CTD frame(CTDフレーム搭載型高速水温計を用いた乱流見積もり手法の開発と適用)」

○平成30年1月26日(金)13:30-15:00 地震研究所2号館講義室
山内初希
「Polycrystal anelasticity at near-solidus temperatures: Experiments and seismological applications(融点近傍における多結晶体の非弾性:実験と地震学的応用)」

○平成30年1月26日(金)10:00-11:30 理学部1号館739号室
ベル智子
「Evaluation of paleotemperature proxy using coral genome biology
(サンゴゲノム生物学をつかった古水温プロキシの評価)」

○平成30年1月24日(水)10:00-11:30 理学部1号館839号室
小長谷貴志
「A climate modeling study on the mechanism of Antarctic ice sheet changes in the past and future(過去と将来の南極氷床変動メカニズムの理解に向けた気候モデリング研究)」

○平成30年1月23日(火)13:00-14:30 理学部1号館739号室
川島 由依
「Theoretical modeling of transmission spectra of exoplanet atmospheres with hydrocarbon haze and applications to multi-wavelength transit observations
(炭化水素ヘイズを持つ系外惑星大気の透過スペクトルの理論モデリングと多波長トランジット観測への応用)」

○平成30年1月22日(月)15:00-16:30 理学部1号館331号室
福田航平
「Irradiation processes in the early solar system: A multiple isotope study on early solar system solids.
(太陽系初期の固体物質に対するマルチ同位体分析から読み解く初期太陽系における宇宙線照射過程)」

○平成30年1月22日(月)15:00-16:30 地震研究所第2会議室
志水宏行
「A numerical study of pyroclastic density currents by a two-layer shallow-water model
(二層浅水波モデルに基づく火砕流ダイナミクスの数値的研究)」

○平成30年1月22日(月)10:00-11:30 理学部1号館807号室
伊藤祐一
「Hydrodynamic escape of mineral atmosphere on hot rocky exoplanet: impacts on the evolution of planetary mass and atmospheric composition (主星近傍をまわる岩石系外惑星のミネラル大気の流体力学的散逸:惑星質量及び大気組成の進化への影響)」

○平成30年1月19日(金)17:00-18:30 理学部1号館739号室
平林頌子
「Variability of Kuroshio strength and its relation with ENSO/PDO during the last 100 years based on coral skeletal radiocarbon (サンゴ骨格中の放射性炭素分析による過去100年間の黒潮変動復元に関する研究)」

○平成30年1月19日(金)10:00-11:30 理学部1号館331号室
山上遥航
「Interannual variability of the western boundary currents in the southern Indian Ocean
(南インド洋における西岸境界流の経年変動)」

○平成30年1月18日(木)10:00-11:30 地震研究所2号館講義室
高木悠
「地震によって地球内部に生じる粘弾性変形の球対称モデルにおける理論計算
(Theoretical computation of internal post-seismic deformation in a spherically symmetric, non-rotating, viscoelastic, and isotropic (SNRVEI) earth model)」

○平成30年1月17日(水)10:00-11:30 理学部1号館8階 807号室
竹之内惇志
「Collisional events on Mars as described by shock P-T histories of shergottites Martian meteorites with brown olivine(黒色カンラン石を含むシャーゴッタイト火星隕石の衝撃温度圧力から読み解く火星上での天体衝突現象)」

○平成30年1月16日(火)10:00-11:30 理学部1号館739号室
小池みずほ
「A chronological study of differentiated meteorites: elucidation of crustal
evolution and accretion history of protoplanets(分化隕石の年代記録を用いた原始惑星の地殻進化・天体衝突史の解明)」

○平成30年1月12日(金)9:30-11:00 理学部1号館839号室
伊左治雄太
「Revealing the biogeochemical cycles of the hypersaline environments based on the organic geochemical approaches(有機地球化学的手法による高塩環境の生物地球化学循環の解明)」

○平成30年1月11日(木)15:00-16:30 大気海洋研(西棟)2F 216講義室
小林英貴
「Role of ocean carbon cycle in glacial reduction of atmospheric carbon dioxide concentration
(氷期の大気中二酸化炭素濃度低下における海洋炭素循環の役割)」

○平成30年1月6日(土)10:00-11:30 理学部1号館8階 807A号室
WANG Shuoyang
「Studies on development of three-dimensional magnetohydrodynamic turbulence reconnection(三次元磁気流体乱流リコネクションの発展の研究)」

 

■申請者向け情報■

博士論文の審査過程、提出要件等について 詳細ページ

学位論文申請の受付について

学位論文申請は、理学系研究科大学院担当で受付を行います。
申請する際は、事前に大学院担当より「学位申請者の手引き」および所定書類を入手してください。入手方法については、9月または3月定期修了の方は地球惑星科学専攻事務室からお知らせしますが、それ以外の方については、こちらをご参照下さい。

【受付時間】
毎週金曜日 9:30~11:30/13:30~16:30

※3月・9月定期修了の場合は受付期間が設定されますので、注意してください。
※年末年始や入試期間中などは変更があるため、あらかじめご確認してください。

【受付場所】
理学系研究科大学院担当(理学部1号館1階105号室)

【本件問合せ先】
地球惑星科学専攻事務室(教務担当)gakumu-eps.s@gs.mail.u-tokyo.ac.jp

博士論文関係のお知らせ