専攻メンバー向け
情報

研究分野

 

地球惑星科学専攻では、5つの研究グループにわかれて研究・教育を行っています。

ここでは、それぞれのグループの研究分野について紹介します。

 

 

大気海洋科学

 

 大気海洋科学グループでは人間社会活動に密接に関連する大気と海洋のミクロなスケールから惑星スケールに至る様々な現象を深く解明し、その変動予測の基礎を構築することにより社会に貢献することを目指しています。具体的にはデータ解析、理論解析、大循環モデルシミュレーション、現場観測などの手法を総合的に用いて大気や海洋の流れと乱れの理解の高度化、気候変動を生む大気海洋相互作用のメカニズムの解明、大気海洋物質の組成変動や淡水循環の解明を目指しています。
 おもに、大気海洋科学講座と大気海洋研究所との教員が協力して研究と教育を行っています。

 

大気海洋科学講座
講座ウェブ

気候システム科学/先端海洋科学講座
大気海洋研ウェブ

 

 

宇宙惑星科学

 

 宇宙惑星科学グループでは、地球を取り巻く宇宙空間(電離圏、磁気圏から広く恒星間空間までを含む)や太陽系内外の惑星(固体惑星部分から惑星大気圏・磁気圏までを含む)の研究を行っています。隕石など宇宙起源の物質の精密分析を行う化学的、岩石学的手法から、惑星に探査機を飛ばして惑星を調べる手法、さらには電磁流体の理論解析や室内物理実験を通じて惑星の物理現象の解明を目指す手法まで様々な角度から研究しています。
 おもに、宇宙惑星科学講座と宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所との教員が協力して研究と教育を行っています。宇宙研では、さまざまなロケット観測、周地球探査、惑星探査に直接携わることも可能です。

 

宇宙惑星科学講座
講座ウェブ

学際理学講座
JAXA宇宙研 宇宙惑星研究グループウェブ

 

 

地球惑星システム科学

 

 地球惑星システム科学グループでは、野外調査、観測、試料分析、データ解析、実験、理論といった異なる研究手法を機能的に連携させ、地球惑星システムの構造形成と進化、地球惑星システムを構成する各圏間の相互作用、地球惑星システムの安定性・不安定性、地球惑星システムの進化・変動およびその動態などに関する研究を行っています。また、地球惑星表層環境システムの成立や変動についての研究を推進することにより、地球環境問題や人類を含む生命の持続的生存条件のより深い理解に寄与することも目指しています。
 地球惑星システム科学講座と地震研究所、大気海洋研究所、新領域創成科学研究科、総合文化研究科、空間情報科学研究センター、地殻化学実験施設など様々な付置研究所に所属する様々な専門領域の研究者が協力して研究と教育を行っています。

 

地球惑星システム科学講座
講座ウェブ

地球大気環境科学講座
先端研 気候変動科学分野ウェブ

観測固体地球科学講座
地震研ウェブ

気候システム科学/先端海洋科学講座
大気海洋研ウェブ 

 

 

固体地球科学

 

 固体地球科学グループでは地殻・マントル・コアからなる固体地球の状態、組成及びその構造の発展過程を様々な時間・空間スケールで総合的に理解することを目指しています。身近な地表地形の形成進化から、時に私たちの生活に深刻な影響を及ぼす地震・火山の研究、長期大規模な地殻変動やそれらの原動力となるマントルやコアでの物質・熱循環などを研究対象としています。実験や観察、観測・データ解析によってリアルな地球の物質や運動の様子を捉える一方で理論計算や大規模シミュレーションで現象を総合的に理解しようとしています。素過程を丹念に追及することもあれば複数の現象を大きな視野で議論することもあります。
 固体地球科学講座、地震研究所、大気海洋研究所の教員が協力して教育・研究活動を行っています。教員数は5グループ中最大で、それだけ多様な研究対象・研究スタイルがあります。個人研究はもちろん、地震や火山噴火の予知計画、海洋底掘削計画、地球シミュレータ計画などの大規模プロジェクトに関わる教員も多く、関連した研究をすることができます。

 

固体地球科学講座
講座ウェブ

観測固体地球科学講座

地震研ウェブ

気候システム科学/先端海洋科学講座

大気海洋研ウェブ

 

 

地球生命圏科学

 

 地球生命圏科学グループでは、「地球」と「生命」の相互作用の解明を目指し、各素現象の実体を明らかにすることを目的に研究を行っています。地球と生命は互いに深く関連しあっています。例えば、ペルム紀末に起きた生命史上最大の絶滅事変は、当時の海洋の無酸素化によって生じたとする考えが有力視されています。このほかにも、地球環境の変動が生命活動に大きな影響を与えてきた事例は沢山知られています。逆に、シアノバクテリアや植物は光合成を行なうことによって地球上に大量の酸素を供給しました。この酸素濃度の上昇によって、岩石の風化様式が変わったり、動物の出現や行動の変化がもたらされたわけです。また、海溝付近でのメタンガスの放出は地球の温暖化に多大な影響がありますが、このガスを微生物が利用し大気への放出を抑えています。つまり、 生命活動によっても地球環境は変化します。

 

地球生命圏科学講座
講座ウェブ

 

 


 

学生の声

 

 大学院生5名が、本専攻に興味を持った理由、院試の準備、院試、研究室の選択、学生生活、研究等について書いています。大学院進学の参考になれば幸いです。(所属・学年は2015年当時のものです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ