専攻メンバー向け
情報

グループの活動紹介
平田 直、岩崎 貴哉、佐藤 比呂志、飯高 隆、藏下 英司 (地震研究所)

 日本は島弧とよばれる弧状の列島です.その下には海洋プレートとよばれる堅い岩盤がが沈み込んでいます.そのため日本周辺では多くの地震が発生します.このような環境のため,日本列島は地球科学的に見てひじょうに興味深いフィールドとなっているのです.われわれのグループは,地震研究所内の他の研究室や全国の多くの大学と協力し,この地の利を生かした観測・研究を行っています.それでは,われわれのグループの活動を紹介しましょう.

メンバーは,平田教授,岩崎教授,佐藤助教授,蔵下助手と飯高です.

【研究テーマ】
われわれのグループは,地殻マントルのダイナミクス,大陸及び海洋地殻の形成と進化や地震発生のメカニズムの理解と地震予知を目指して,自然地震及び制御震源を用いた地殻構造のイメージングをおこなっています.

「制御震源」や「地殻構造のイメージング」など,なんだか難しい言葉が出てきたかと思います.それを図で示しましょう.
まず,「バイブロサイス」と呼ばれる起震車やダイナマイトで「地震」を発生させます.この「地震」は,人間が震動を起こすことから「人工地震」とか「制御震源」と呼ばれています.この地震波を離れた場所で地震計を使って観測します.得られたデータから地震波の伝播経路や伝播時間を調べ,そのデータをもとにコンピュータを用いた解析を行って地下深部を探るのです.地殻構造のイメージングされた図を見てください.地下深部に存在する不連続面がきれいに描き出されているのがわかると思います.こうして,地中内部の様子を手に取るように調べていくのがわれわれのグループの仕事です.

制御震源(バイブロサス)の探査風景
地殻構造のイメージング

それでは,研究の内容をもう少し具体的に紹介します.

島弧地殻の変形過程の研究
 自然地震や制御震源の地震波を観測することによって,地殻の構造と形成・進化を明らかにする研究を行っています.特に,プレート沈み込み帯である,島弧の構造を海溝から背弧海盆を含めて明らかにすることを目標としています.こうして巨大地震の発生を沈み込み帯の構造や地殻・マントルの進化と関連させて理解することを目指しています.

地殻不均質構造の研究
  微小地震の発生様式や大地震の震源域と地殻内の不均質構造との関係を調べる研究も行っています.高感度地震観測網の稠密な観測点と震源分布を利用して,地殻からマントルにかけての構造を,地震波を用いることによってイメージングする研究を行っています. また,現在進行しているテクトニックなプロセスや,島弧地殻の進化過程を明らかにするためには,詳細な地殻構造を明らかにしていくことが重要です.そこで,反射法地震探査法という強力なツールを用いて,地殻の詳細な構造の高分解能のイメージングをおこなっています.そのデータをもとに,構造地質学・変動地形学などを含む総合的な研究手法によって,日本列島のアクティブテクトニクスやその進化に関する研究を行っています.

衛星テレメータ地震観測
定常的に展開されている地震観測網に加え,臨時の地震観測点を設置し,空間的高密度地震観測によって得られるデータにより,地殻の応力・歪状態をリアルタイムで監視して巨大地震の前兆的現象を捉える研究もおこなっています.ただし、現在の地震予知理論はこの目的を達成するにはまだまだ不十分です。現在は,地震発生の時間・空間分布の解析理論を発展させることを試みたり,インヴァース理論とよばれる方法をリアルタイムデータに適応することにとって地震予知を目指しています.

われわれのグループは,フィールドにおいて人工衛星を用いた地震波記録の伝送(衛星テレメータ)等,最新の観測機械を用い,世界に類を見ないほど空間的高密度に観測網を展開し,これまでにないデータをもとに,島弧内部の変形過程や地震発生の場である地殻やマントル,さらには沈み込むプレートの構造を解明する研究を行っています.また,地殻・マントルのダイナミクス,大陸及び海洋地殻の形成と進化や地震発生のメカニズムの理解や地震予知を目指しています.
とくに地震予知は,まだまだ実現には難しい問題を抱えています.地震予知を実現するためにも,皆さんのような若い人たちの"挑戦"が必要なのです.

東京大学地震研究所・地震予知研究推進センター
飯高 隆