5つの研究グループ

地球惑星科学専攻では、5つの研究グループにわかれて研究・教育を行っています。
ここでは、それぞれのグループの研究分野について紹介します。

地球惑星システム科学

地球惑星システム科学グループでは、野外調査、観測、試料分析、データ解析、実験、理論といった異なる研究手法を機能的に連携させ、地球惑星システムの構造形成と進化、地球惑星システムを構成する各圏間の相互作用、地球惑星システムの安定性・不安定性、地球惑星システムの進化・変動およびその動態などに関する研究を行っています。また、地球惑星表層環境システムの成立や変動についての研究を推進することにより、地球環境問題や人類を含む生命の持続的生存条件のより深い理解に寄与することも目指しています。

地球惑星システム科学講座 )と地震研究所 )、大気海洋研究所 )、先端科学技術研究センター )、新領域創成科学研究科、総合文化研究科、空間情報科学研究センター、地殻化学実験施設など様々な付置研究所に所属する様々な専門領域の研究者が協力して研究と教育を行っています。

研究・プロジェクト紹介