学生のみなさんへ

これからの進路を選択しようとしているみなさん、地球惑星環境学科でともに学びませんか。
太陽系の惑星の一つである地球の環境は、さまざまな物理現象、化学現象、生命活動が互いに関連しあう複雑なシステムです。
私たちの学科では、この複雑なシステムの過去を学び、現在を知り、未来を予測するため、これらのすべての基礎と現象の相互作用の理解をめざしています。

リガクルへはこちら   

eps_utokyoをフォローしましょう  Twitterはこちらから              

 

在学生向け情報

お知らせ

NEW!!!  2016年3月に実施した3年生ベトナム巡検の詳しいレポートができました(pdfで約1.7 Mb あります)。ぜひご覧ください (2016.5.12)。

NEW!!!  第89回五月祭(5/14-15)に学術企画 「TERRA'S HOUSE ~地球の家~」を出展します。ぜひご来場ください (2016.5.11)。

NEW!!!  平成29年度進学者向け学科紹介ガイダンス「化学・生物からみた地球・惑星・環境の過去・現在・未来」を開催します。5/16(月)18:45~@13号館1311教室、5/19(木)18:45~@11号館1101教室で、いずれも前半は地球惑星物理学科と合同で行います。興味がごある方は参加下さい (2016.5.8)。

NEW!!!  4/1(金)に23名が進学し、ガイダンスが行われました。進学生の皆さんご進学おめでとうございます(2016.4.1)。

■地球惑星環境学科の計算機室利用の手引きにリンクを張りました。(2016.3.31)。

■ベトナム巡検レポート続報「6日目:フェリーでハロン湾内のカットバー島に渡り、デボン紀-石炭紀境界付近の石灰岩相の観察を行いました。」(2016.3.31)。

■ベトナム巡検レポート続報「5日目:世界遺産に指定されているハロン湾で、石炭系-ペルム系の石灰岩からなるカルスト地形や鍾乳洞を見学しました。」(2016.3.31)。

■ベトナム巡検レポート続報「4日目:本日は移動日でした。途中で上部三畳系の河川成堆積物の露頭で植物化石の採集を行いました。」(2016.3.31)。

■ベトナム巡検レポート続報「3日目:新生代の湖成堆積物中の褐炭を露天掘りしている鉱山で、陸生脊椎動物の採集や岩相の観察を行いました。」(2016.3.31)。

■ベトナム巡検レポート続報「3月17日:ハノイを朝7時に出発して、最初の見学場所に10時頃に到着しました。写真は小雨の降る中、デボン紀の石灰岩を観察し、化石を採集している様子です。」(2016.3.17)。

■「地球惑星環境学野外巡検II」の一行がベトナム・ハノイに無事到着しています。「3月16日:2時間ほど前にハノイのホテルにチャックインしました。大人数で歩いているとかえって危ないであろうとのことだったので、教員+学生数名の班に分かれて遅い昼ごはんを食べました。明日は早朝6:45出発で、いよいよ露頭観察が始まります。写真は昼食後の1グループです。」(2016.3.17)。

■3年生が「地球惑星環境学野外巡検II」でベトナムに出発しました。今後、定期的にレポートをお送りする予定です(2016.3.16)。

■学部生も関係する会社説明会やセミナーなどがいくつか開催予定になっています。こちらにリンクを張っておきますので参照ください(2016.2.8)。

■1/29(金)に卒業研究発表会が小柴ホールで開催されました。発表タイトルはこちら(2016.1.29)。

■12/4(金)に理学部ガイダンスが開催されました。地球惑星環境学科への進学相談は、常に受け付けていますので、興味のある方・質問のある方は、こちらまで気軽にご連絡ください(2015.12.7)。

■12/4(金)に理学部ガイダンスが開催されます。地球惑星環境学科に興味のある1年生はぜひ参加ください。詳細はこちら(2015.11.4)。

■進学振分けで22名が内定し、9/7(火)に進学内定者ガイダンスが開催されました。内定者の方々、おめでとうございます(2015.9.8)。

■進学振分け第二段階(志望変更登録)の〆切は8月24日(月)までです。地球惑星の過去や現在を明らかにし、将来を展望する本学科の内容は、今後益々重要性を増す分野です。是非、意欲のある学生さんが多彩な魅力に溢れた地球惑星環境学科へ進学されることを教員一同期待しています。また、今回は文系の方も要求科目なしで志望して頂けます。
  参考:地球惑星環境学科の学科紹介パンフレット

「地形・地質調査法および実習」(3年生Sセメスター 必修)の授業紹介を載せました(2015.7.17)。

■地球惑星環境学科では、主に駒場生を対象に、 本学科の紹介や研究室見学 などを実施する予定です。以下のいずれかの日にぜひ気軽にご参加ください。見学後、お茶とケーキを食べながら歓談する会も設ける予定です。参加希望者は下記までご連絡頂けますと幸いです。また、当日参加も受け付けます。
 ◎地球惑星環境学科見学会
  (1)8月6日(木) 9:30-16:30、理学部1号館336室(オープンキャンパスを兼ねています)
  (2)8月7日(金)13:30-16:30、理学部1号館542室
  (3)8月10日(月)13:30-16:30、理学部1号館542室
 連絡先:高橋嘉夫(教務担当) E-mail:ytakaha@eps.s.u-tokyo.ac.jp 電話:090-9415-1186
 参考:地球惑星環境学科の学科紹介パンフレット

■7/15(水)に駒場で地球惑星環境学科の進学相談会を開催します。ご関心のある方、ぜひお気軽にご参加ください。環境学科教員が、ざっくばらんに学科の紹介をいたします。(2015.7.9)
 ◎地球惑星環境学科・進学相談会
 日時:7月15日(水)16:30~
 場所:駒場11号館1108教室(4限「惑星地球科学I」の後半の時間)
 担当:高橋嘉夫(教務担当) E-mail:ytakaha@eps.s.u-tokyo.ac.jp 電話:090-9415-1186

研究紹介を新しく載せました(地球惑星科学専攻のウェブマガジン)(2015.6.30)。

卒業後の進路データを最新ものに更新しました(2015.6.19)。

「生物多様性科学および実習」(4年生Sセメスター 選択必修)の授業紹介を載せました(2015.5.17)。

「地球惑星環境学基礎演習II」(3年生Sセメスター 必修)の授業紹介を載せました(2015.5.13)。

卒業生の進路を更新しました(2015.5.5)。

■5/8(金), 5/12(火)に学科進学ガイダンスを地球惑星物理学科と合同で実施します。いずれも11号館1101教室で18:45~。詳細はこちら。進学に興味のある方はふるってご参加ください(2015.5.1)。

■平成28年度進学生のための学科紹介パンフレットができました。ファイルサイズが約5 MBあるのでご注意下さい(2015.4.15)。

■カリキュラムを平成27年度のものに更新しました(2015.4.10)。

■平成26年度の卒論タイトルリストはこちらです(2015.4.10)。

■教員の研究紹介にリンクを貼りました。
三河内 岳(准教授) 「太陽系最古の火成岩」
飯塚 毅(講師) 「地球史最初の10億年に迫る-生命を宿す星ができるまで-」
對比地 孝亘(講師) 「地球科学と生物学の狭間で-現生動物の解剖学を基にした古脊椎動物学へのアプローチ-」 (2013.9.24)。

進学相談・進学振り分けに関する相談は随時受け付けております
進学に関して疑問・質問のある方はこちらにお気軽にご連絡ください。 進学に関するよくある疑問・質問はこちら(クリック)

「研究者が創る理学の世界」
超巨大地震の地質学

地球惑星物理学科へのリンクはこちら

過去のお知らせはこちら

ピックアップ

進学相談はこちらに

就職情報

卒業生の声

学科紹介映像